姿勢分析編⑩ 動きのテストの総合評価

投稿日時:2016/12/21(水) 19:14

前回の猫背を治す方法では、姿勢の土台作りということで、スクワットをチェックしました。
 

多くの関節が動きますので、動きのクセが出やすく、猫背の原因も炙り出しやすい動きでした。
 
さて、これまで色々な動きのクセをチェックしていきましたが、これらのチェックをまとめて、総合評価をしていきます。




 

【目次】

・得意な動きと苦手な動きの組み合わせ

・動きのクセの総合評価
 







得意な動きと苦手な動きの組み合わせ

よく
「私は筋力がありません!」
「私は身体が硬いです!」
 
という事を言われますが、このように動きのチェックを複数組み合わせて行うと、
 
「筋力が弱い部分と、強い部分」
「柔軟性が高い部分と、低い部分」に分かれます。
 

例えば、肩周りの柔軟性は高いものの、股関節など下半身の柔軟性は低下をしているケースや、下半身の筋力はあるものの、上半身や体幹の筋力が低下しているケースなどがあります。
 
多くの方の動きや姿勢をチェックしていくと、全ての筋力が弱いもしくは強い、全ての柔軟性が高いもしくは低いということも、なかなかありません。
 
ほぼゼロと言っていいと思います。
 

つまり、ただ
「私は筋力がありません!」
「私は身体が硬いです!」
 
の状態では、猫背の原因はわからず、猫背を治す方法も見つかりません。
 

「どの筋力が弱い」
「どの柔軟性が低い」
まで分かると、猫背の原因が分かり、猫背を治す方法が明確になっていきます。




 

動きのクセの総合評価

さて、今まで動きのチェックをご紹介していきましたが、全部で7つありました。

 
猫背を治す方法 姿勢分析編③ 肩の柔軟性をチェック


 

猫背を治す方法 姿勢分析編④ 股関節の柔軟性をチェック


 

猫背を治す方法 姿勢分析編⑤体幹の筋力をチェック


 

猫背を治す方法姿勢分析編⑥ 猫背を治すために必要な筋力チェック  


 

猫背を治す方法 姿勢分析編⑦ 歩き方から猫背を治す

 
猫背を治す方法 姿勢分析編⑧歩き方から姿勢を治す②

 

 
猫背を治す方法 姿勢分析編⑨ 姿勢の土台作り



 


これら全ての結果をもとに、
 
どこの筋力が弱いか?
どこの柔軟性が低いか?
どの動きが苦手か?
 
を見極め、猫背の原因を突き止め、猫背を治す方法を見つける。
 
このステップが、猫背を治す為には重要になります。
 

このテストが全て完ぺきに出来る人は、トップアスリートレベルですので、猫背で悩んでいる方は、何かしらのテストが上手くいかないはずです。
 
その上手くいなかった部分を中心に、ストレッチやエクササイズをしていくことで、猫背は改善していきます!
 
文字通りテストですので、出来るかどうか確かめます。
 
逆に、出来ない動きが無いと困ってしまいますので、出来ないものがある前提で、チェックを受けて頂けると、猫背を治す方法が見えていきます!
 


最後までお読みいただきありがとうございます。
 


猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」

千野ひとみ

---------------------------------------------------------------------------------------------

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」トップに戻る
 

猫背を矯正する方法まとめページはこちら

猫背を矯正する方法

店舗紹介

神楽坂店 more

〒162-0825 
東京都新宿区神楽坂2-12 エンドウビル1F
TEL:03-6228-1946

表参道店 more

〒150-0001 
東京都渋谷区神宮前5-3-16カサデルレイ表参道E棟
TEL:03-6427-9974

横浜店 more

〒221-0834 
神奈川県横浜市神奈川区台町7-11ロンタンハウス1F
TEL:045-298-6380
取材問い合わせ