【ヘッドローテーション】

投稿日時:2017/01/10(火) 20:30

 こんにちわ。
本日は猫背矯正エクササイズとして、「ヘッドローテーション」というエクササイズをご紹介致します。
 

 ヘッドローテーションは、うなづく様に小さく頭を動かし、その後に回旋運動を行うことで、首回りの動きや筋肉を整えるエクササイズです。
 
 猫背の方は、「フォワードヘッド」といって、頭が前に出て、首と胸の背骨が交わるポイントが過剰に丸くなっています。

 特に頭はスイカ1個分(5~6㎏程度)の重さがあり、スマートフォンやパソコンのモニターなどをのぞき込む様に、頭を前に突き出すと、5㎝頭が前に移動するだけで首には約2倍の負担が掛かり、10㎝前に頭が移動をすると約4倍の負担が首に掛かります。

 現在は、女子高生が1日にスマートフォンを利用する平均時間が6時間とも言われ、高頻度かつ長時間にわたって、頭を前に出していることが考えられますし、成人ではデスクワーカーの方も多く、1日8時間ちかくパソコンを使っている方も多いのではないでしょうか?

 そうした姿勢が仕事が終わると共にリセットされれば良いのですが、スマートフォンやパソコンを使用した後も、姿勢はリセットされずに残っている為、首への負担は増し、肩こりや首コリを生み出したり、動きは悪くなるばかりです。
 
 首のポジションや動きを改善する為には、土台となる骨盤や胸の背骨、肋骨などのポジションが重要になる為、それらの部位にアプローチをした後にはなりますが、このヘッドローテーションを行うことで、頭や首を本来のポジションに戻しながら、首周りの動きを改善し、猫背を効果的に矯正していきます。
 

それでは、ヘッドローテーションのご案内です。

 



 

<ヘッドローテーション実施のポイント>

 

・仰向けで寝て、頭の裏側(特に鼻の裏側)を軽く地面に押し付けます
・アゴを引いたり上げたりする動きを繰り返します
・アゴを軽く引いたまま、首を回旋させます
 

 「フォワードヘッド」の姿勢が続き、首周りの筋肉が硬くなると、首の周りには重要な血管や神経が多く通っている為、そうした血管や神経に対する悪影響も考えられます。

 更には、首のすぐ近くを通っている上記の神経は、心臓をはじめとした内臓の働きを司っている神経になりますので、血圧や胃腸の不具合などが、じつは首や頭のポジションから影響を受けているといったことなども考えられます。

 その為、このヘッドローテーションで、頭頚部の位置を本来のポジションに戻し、首周りの筋肉をリセット。更には本来の動きを獲得することで、猫背を矯正しながら健康的な身体を手に入れていきましょう!
 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
 

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」
横山佳奈
 
 

---------------------------------------------------------------------------------------------

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」トップへ戻る

店舗紹介

神楽坂店 more

〒162-0825 
東京都新宿区神楽坂2-12 エンドウビル1F
TEL:03-6228-1946

表参道店 more

〒150-0001 
東京都渋谷区神宮前5-3-16カサデルレイ表参道E棟
TEL:03-6427-9974

横浜店 more

〒221-0834 
神奈川県横浜市神奈川区台町7-11ロンタンハウス1F
TEL:045-298-6380
取材問い合わせ