呼吸改善エクササイズで肩の痛みを改善

投稿日時:2017/06/28(水) 20:30

【呼吸改善エクササイズで肩の痛みを改善】


猫背姿勢のような状態では、腰を反っている事が多く、呼吸が上手く出来ていません。

肋骨も正常な形状から歪んでしまい、肋骨に影響を受ける肩甲骨も正常な動きができなくなります。

ひいては、肩甲骨との接触不良を起こし、肩の動きが悪くなり、痛みへとつながる可能性があります。

ここまでが、前回にお伝えしました内容です。

本記事では、正しい呼吸を習得するために、導入して用いるエクササイズの紹介を致します。

エクササイズの名前は、「ダンゴムシ呼吸」です。



 

ダンゴムシ呼吸』(呼吸のエクササイズ)



201706111353_1.jpg

☆手順☆
・正座をして前に肘をつきます


・おへそとみぞおちを下から押し上げられるようにして、ダンゴムシのように丸まります

・呼吸を繰り返します

☆実施のポイント☆

息を吸った際に、背中や腰が膨らむことを感じます。

普段腰が反っている状態では、うまく背中側に空気が入らない場合があります。

こちらの体勢を取ると、自然と背中が丸まり、呼吸をした際に背中側の広がりを感じられます。
このエクササイズによって、呼吸を一度リセットすることがおすすめです。


 
普段腰が反っている方にとっては、背中側の筋肉や筋膜が縮こまっています。(反対にお腹側は伸びている)

そのため、このポーズで呼吸をすることの意味は大きいのです。

ぜひチャレンジしてみてくださいませ。