猫背と膝痛

投稿日時:2017/07/19(水) 20:30

【猫背と膝痛】

猫背と膝痛と聞いて、関係があるの!?と思われるかもしれません。

実は、猫背と膝痛は関係があります!

猫背だからといって、必ず膝が痛くなるわけではありませんが、膝痛がある場合に、猫背姿勢を改善することは1つのポイントになります。

 

【なぜ、関係するのか】


では、なぜ猫背が膝痛の原因となりうるのでしょうか。

これは、身体構造上の理由によります。

ヒトの身体には「運動連鎖」というものが存在します。

運動連鎖とは、1つの関節が動くことで、他の関節が影響を受けて動くことを意味します。

1つの例を挙げましょう。

立ってお読みの方は試してみてください。

右の親指の付け根~内側の踵ににグッと体重をかけてみてください。

この時、身体はどうなるでしょうか?

身体が左に向いていくはずです。

これが運動連鎖です。

足全体が内側にクルッと回転し、(内股傾向)骨盤が左を向き、右の腰は反ってきます。

さらには、上半身も影響を受けていきます。

このように、末端の小さな動きでも、その影響は身体全体へと波及していくのです。



猫背の場合は、その種類により様々変わってきますが、骨盤が前方へスライドすることが多くみられます。

骨盤が前方へスライドすると、骨盤は後ろへ倒れ(後傾といいます)、膝が曲がります。

これも運動連鎖です。

この状態で歩くと常に膝に負担がかかることとなり、次第に膝痛へと発展することが考えられます。


以上のように、膝痛の改善には、姿勢の改善も重要な1つのポイントとなりますので、膝だけでなく全体を見ることも大切といえます。