膝の痛み

投稿日時:2017/09/06(水) 20:00

【膝の痛み】

膝に痛みが出ている際に、その原因が何かを考えることが大切です。


身体のどこかの部分がうまく働かないことで、結果的に膝に痛みが出ていると考えることが出来ます。


それは、大きく2つに分けることが出来ます。


ひとつは、「膝自体」の問題、もうひとつは「膝以外の部分」の問題です。



ひとつめの膝自体の問題は、膝関節に「原因」と「結果」が重なっています。


膝の動きが悪いという「原因」が、例えば、階段を昇る際の膝の内側の痛みという「結果」を作っています。


この場合には、膝に対してアプローチをして、膝の動きを正常にすることで痛みを改善することができます。



もうひとつの、膝以外の部分の問題は、身体の他のどこかに問題があって、それが結果的に膝に負担をかけ痛みを出している状態です。


この場合、「身体の他のどこか」という広大な範囲から原因を探さなくてはならなくなり、身体の部位を1つずつ見ていっては大変な時間がかかります。



そこで、「きゃっとばっく」では、FMS(Functional Movement Screen)と呼ばれる動きの評価をするテストを設けています。

201708251852_1.jpg


これは7つの動作から構成されており、「どんな動きが出来ないのか、どんな動きをしてはいけないのか」をチェックすることが出来ます。



こうすることにより、身体全体から、問題が大きそうな場所を見つけ出し、さらに細かく見ていくという手順となり、時間を短縮して問題部位を発見していくことができます。



膝の痛みで長く苦しんでおられる方は、もしかすると膝自体の問題ではなく、他の部位もチェックしてみると良いかもしれません。