筋トレのイメージ

投稿日時:2017/09/03(日) 16:52

トレーニングにおいて、イメージしやすのが、
マシンを使ったり、ウエイトを使ってガンガン体を鍛えます!
とういが一般的かと思います。

もちろん、目的により必要なエクササイズを実施していくことが大切なので、
ウエイトなどの重りを使ってのエクササイズも「猫背改善」のメニューに含まれることもあります。


しかし、ガンガン体を鍛えているけれど、「動き」を行うと意外と出来ない方もいます。

動作が出来るか出来ないかにより、腰を痛めたり、
どこかに不調を抱えたりすることは大いにあります。


例えば、腕をあげる動作をみてみると、

肩関節という関節が、180度動くことによって、腕を耳の横まであげることが出来ます。
(厳密には肩甲上腕関節と肩甲胸郭関節の動きですが)

しかし、この肩関節の可動域が180度まで出ずに腕をあげると、
出ない分をどこかが補って動きを出します。これを代償動作と言います。

仮に腕が160度までしか上がらないとします、
だけれども、180度まで上げないと届かないので、
腰を反ってプラス20度分を代償してしまいます。

この動作を繰り返していると、腰を痛めてしまう原因になります。

筋トレでガシガシ鍛えるのも良いのですが、
正しく関節の可動域を出すトレーニングも必要です。

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」では、
猫背を改善するために必要な可動域や動きの改善を行い、
猫背を改善していきます。

トレーニングしているけれど、なんだが上手く動けないと感じる方がいらっしゃいましたら、
一度専門家にみてもらってくださいませ。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。