猫背改善エクササイズ~ハーフニーリングツイスト~

投稿日時:2017/09/10(日) 12:00

 

こんばんは


猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」の檜森です。
いつもご覧くださりありがとうございます。


前回は、姿勢の土台である骨盤や下半身を安定させるための「ヒップリフト」というエクササイズの強化版である、片足でのヒップリフトをご紹介いたしました。



今回は、今までとは少し異なったポールの使い方をご紹介致します。


 

「ハーフニーリングツイスト with ストレッチポール」



膝から耳までまっすぐになるように、片膝立ちになります。
ストレッチポールを横になるように両手で持ちます



骨盤はなるべく正面を向いたまま、両手を動かすように身体を捻ります。




こちらを数回繰り返します。

 

こちらのエクササイズは、ダイナミックストレッチと呼ばれるストレッチ方法の1種になります。


手や持っているストレッチをドライバー代わりに利用することで、普段デスクワークなどで固まりやすい「胸椎」や「胸郭」と言われる胴体部の柔軟性を引き出すことが可能です。



こちらのエクササイズの注意点をあげると
骨盤が過剰に動きすぎてしまうと、胸郭の柔軟性が引き出しにくくなります。

ポイントは骨盤を正面に保つことになりますので、ぜひそちらを意識して行ってみてください。



また、猫背でお困りの多くの方は、今自分の姿勢がどうなっているのかがわからないという方が多くいらっしゃいます。

片膝立ちになることで、骨盤が前に移動している、身体が左右に傾いているなどの感覚が得られやすいため、この体勢を取ること自体が効果的です。

ぜひストレッチポールをお持ちの方で、普段から丸まる姿勢を多くとってしまう方はぜひ挑戦してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。



猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」
檜森雄太