猫背とストレートネックの関係性?

投稿日時:2017/10/02(月) 15:15

 

コチラの記事では猫背とストレートネックの関係性や矯正の方法について、
御覧の皆さんが正しい知識を持って、矯正に向かっていけるように情報を発信しております。

病院に行き、「ストレートネック」と診断されたままになっていないでしょうか?

ストレートネックは姿勢が悪くなるだけでなく、「肩こり」や「首こり」のような身体に
不調をもたらすこともあります。

猫背改善スタジオ「きゃっとばっく」では、延べ2000人を越える猫背の方を見させて頂く中で、
猫背とストレートネックの因果関係はとても強いと感じております。

「猫背」で悩む方も、「ストレートネック」で悩む方も、是非この機会に矯正に向かって
一歩を踏み出してみませんか?この記事が皆様のよりよい生活の一部となれば幸いです。


目次

1,ストレートネックとは?
2,首の構造について
3,首のカーブについて
4,ストレートネックによる症状
5,ストレートネックの矯正方法
6,まとめ
 

1.ストレートネックとは?



ストレートネックと聞くと、皆様はどのようなイメージをお持ちでしょうか?

首がまっすぐで比較的キレイな姿勢のイメージをお持ちではないでしょうか?

しかし、ほとんどの方は身体よりも頭を前に突き出した姿勢をとりストレートネックになりやすくなります。

下記写真は身体よりも前に頭を突き出しストレートネックのモデルとなります。



このように、頭が前に突き出た姿勢でもストレートネックと評価されることがあります。

首がまっすぐになっていることがストレートネックだと思っていた方は、
首にある7つ背骨「頚椎(けいつい)」の構造を理解することが必要となります。

コチラの記事を読み進めて頂き、自分がストレートネックなのか確認してみましょう!

 

2.首の構造について



首(頚椎)は「身体」と「頭」をつなぐ大切な構造と言えます。

頚椎は7つの椎骨(ついこつ)と呼ばれる背骨が積み重なった構成されますが、
垂直に積み上がっているわけではありません。

前方に向かって山なりのカーブを描き構築されます。

これを前側に弯曲を持つことから「前弯(ぜんわん)」と呼びます。

そして、この前弯の消失こそストレートネックになるのです。



 

3.なぜストレートネックになるのか



頚椎の前弯は下位頚椎(かいけいつい)と、上位頚椎(じょういけいつい)の動きによって
左右されます。

上位頚椎は頚椎の1番目と2番目を指し、より頭に近い上から2つの背骨のことを言います。
そして下位頚椎は、それ以外の3番から7番までの背骨を指します。

本来であれば上位頸椎と下位頸椎は協調し動いてくれるのですが、
たとえば猫背のように頭の位置が前に出ているような方は、下位頸椎の動きが悪くなり
上位頸椎の働きが増してきます。

その状態が長く続くと、首の動きは上位頸椎に依存してきてしまいます!

すると頭が前に移動し下位頸椎の前弯(前に丸まっている状態)は失われ、平坦化することでストレートネックに
なってしまうのです。

つまりアゴを前に突き出した姿勢により、首の背骨のカーブが失われてしまうということです。

このような姿勢の方はデスクワークを長い時間行う方によく見られます。



パソコンやスマホの普及により便利な世の中になりましたが、同時に身体の整え方を知らないと、
将来ストレートネックになってしまうリスクは高くなってしまいそうです。
 

4.ストレートネックによる症状



では、この頸椎のカーブ(前弯)がなかったら、どうなるでしょう!?

頭の重さはおよそ6kg程あります。

ストレートネックでは、この重い頭が首から転げ落ちないようにするため、
肩や首の筋肉は働き常に疲労状態に陥りやすくなります。

その結果、過度の筋疲労による肩こりや首こり、筋の収縮により頭部への血流が阻害され
頭痛などを引き起こすことがあります。

他にも、めまいや吐き気、痺れなどを引き起こすことも。

ストレートネックと猫背は「百害あって一利無し」

猫背とストレートネックの関係性を理解して改善・予防に努めていきましょう!

 

5.ストレートネックの矯正方法



ストレートネックの原因が猫背によるものであれば、
まず猫背から治していかなくてはなりません。

猫背になると、本来の背骨のS字状のカーブ(弯曲)が失われ、より背中の部分では後方へのカーブが強くなり、腰の部分では前方の方へのカーブが強くなります。

カーブが強くなった箇所は動きづらくなり、背骨が動き範囲が狭くなってしまいます!

すると、その前後(上下)にある背骨が、悪くなった背骨を補うように代わりに
頑張って動いてくれるようになります!

これを「代償動作」という言い方をします。

この代償動作によって、通常の動きとは逸脱した首の動きを行うようになり、
ストレートネックに発展していくのです。

人間の適応能力で素晴らしいのですが、同時に怖いとも感じますね。

ストレートネックの矯正には、まず猫背を矯正することが有効になります。

動かなくなった背骨を動かしてあげることで、全体の背骨の動きを出し、
過度に負担となっていた部分を減らしていく事が重要となります。

 

6.まとめ



ストレートネックとは首の背骨が本来の動きから逸脱したことによって起こります。

またストレートネックは猫背になることで併発もしやすくなります。

首こりや肩こりでお悩みの方は、ひょっとしたら猫背によってストレートネックになっている可能性があります。

固くなってしまった関節を動かすことが矯正の一歩となりますので、正しい知識でよりよい生活を目指していきましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました!


 
店舗紹介

神楽坂店 more

〒162-0825 
東京都新宿区神楽坂2-12 エンドウビル1F
TEL:03-6228-1946

表参道店 more

〒150-0001 
東京都渋谷区神宮前5-3-16カサデルレイ表参道E棟
TEL:03-6427-9974

横浜店 more

〒221-0834 
神奈川県横浜市神奈川区台町7-11ロンタンハウス1F
TEL:045-298-6380
取材問い合わせ