猫背と腰痛 ~体の柔らかさ編~

投稿日時:2017/11/02(木) 15:00

皆様、こんにちは。
猫背改善専門スタジオきゃっとばっくの内田です。

前回までに体の硬さと腰痛、そして、呼吸と腰痛の関係性についてお話していきました。
今回お伝えしていく内容は「体の柔らかさと腰痛」の関係性についてです。

本来動いてほしい股関節(骨盤と足の骨を組み合わせた部分)や胸郭(きょうかく:胸の背骨、肋骨、胸の骨を組み合わせた部分)があまり動かないことによって、動かしてはならない腰の部分が過剰に動いてしまうために腰の痛みが出ることがあります。

また、その他、体のある部位の柔らかさによって腰の部分に痛みが発生する可能性もあります。

今回は、そのような体の柔軟性が及ぼす腰痛への影響についてお話していきます。


 

目次

・体の柔らかさと腰痛
・腰を反らせれるが、丸めれない人
・体全体が柔らかい人
・腰回り安定の動き

・まとめ


 

体の柔らかさと腰痛


皆様は、「体の柔らかさ」と聞くと、どのようなイメージを持たれるでしょうか?
 
代表的な例として挙げられるのが前屈。
「小学生の頃から硬くて地面についたことがない」、「ずっと硬いままで全く変わらない」など、様々な意見があるかと思います。
 
前屈で指先を足先、もしくは地面までタッチすることができない場合には、股関節、特に、お尻や太ももの裏側にある筋肉が硬いために出来ない可能性があります。
 
この太もも裏の硬さが原因で、通常あってほしい腰の反りが、より平坦に近くなってしまい、腰の部分へのストレスが増大して腰の痛みが出てしまう可能性が示唆されます。
 
それでは、これとは逆に、前屈で指先どころか手のひらまでべったりと地面についてしまい、頭も膝までつけることができる、といった方の場合はいかがでしょうか?
 
これは、柔らかすぎて、むしろこの筋肉を使えていない可能性があります。
太もも裏の筋肉は下の画像のように、骨盤にくっついています。



 
3
つの筋肉を合わせて太もも裏の筋肉(ハムストリングスと言われる)としているのですが、この筋肉は主に骨盤を後ろに傾けて過剰に反りすぎている腰の部分を正常な位置に戻す働きを持っています。

例えば、この筋肉を使えていない場合、反対側にある太もも前の筋肉が過剰に働いてしまい、骨盤を前傾させ、腰を反らせる働きをしてしまいます。

この筋肉は、「呼吸」にも非常に重要な関わりのある筋肉となっています。

 
また、呼吸にも非常に重要となってきまして、前回の「呼吸と腰痛」にてお伝えしました、「横隔膜」という筋肉を働かせ、お腹周りを安定させるために、このハムストリングスが重要となるのです。
 
ですので、この筋肉はあまり使えていないような状態は、本来安定させなければならない腰の部分を安定することができず、腰痛へつながってしまう可能性があります。

 
 

腰を反らすことはできるが、丸めれない人

 

人間には、上から頸の骨(頸椎)7個、胸の骨(胸椎)12個、腰の骨(腰椎)5個、仙椎(仙骨とも言われ、骨盤を構成している一つ)1個、尾椎(尾骨と言われ、仙骨の下についているもの)1個の5つの種類、合計26個の骨が合わさって背骨(脊柱と言われます)を構成しています。


 
背骨自体は、横から見た時にS字のカーブを描いており、腰の骨が反り、胸の骨が丸まっているのが適切な形です。
 
このS字カーブがあることで、背骨がバネのような役割を果たし、歩いたり走ったりするときの背骨への衝撃を吸収してくれるのです。
 
例えば、腰の背骨部分が過剰に反っていて、胸の背骨部分の丸みが過剰にある方の場合、元々反っている腰の骨へのストレスが増大し、腰の部分へ痛みが発生してしまう可能性があります。
 
このような方の場合には、立った時や動く際に、腰にある筋肉を過剰に使って動いてしまう可能性があるため、反対側にあるお腹の力が抜けているかもしれません。
 
そもそも、元々反っている腰の部分は丸まりにくいですが、腰が反る方へ過剰に柔らかく動く場合、体を丸めることができず、さらに腰への負担が増大してしまう可能性があります。
 
ですので、元々反っている腰の部分を丸める能力というのも必要となってくるのです。

 

体が全体的に柔らかい人

 
最後に、体が全体的に柔らかい人です。

上述の前屈のように過剰に体が柔らかい人に関しては、しっかりと「固定」する能力が必要となります。
 
皆さんは、手の小指を手の甲側に曲げて言った際に、腕の部分につきますか?
また、肘をまっすぐに伸ばしたときに180度以上反らすことができますか?(いわゆる猿手と言われるもの)
そして、先程と同じように、前屈した際に両手が床にベタっとつきますか?
 
このような方の場合には、体が通常動いてほしい方向と反対側へも動きすぎてしまうため、けがをしてしまう可能性があります。
 
腰痛に限ったことではありませんが、上記二つと同様に、腰の部分が過剰に柔らかくて反りやすい場合には、過剰に動かないようにしっかりと固定してあげましょう。
 
腰の部分は、元々あまり動かしてはならない部分であるため、この部分を固定したうえで、本来動かしていきたい股関節や児湯角を動かすようにしていきましょう。
 

腰を安定させる動き


それでは、腰の部分を固定、安定させるエクササイズを一つご紹介します。

 
●デッドバグ
目的:お腹周りの強化、安定、腰回りの安定


 
【やり方】

①仰向けに寝ます。
②両手を天井に向かって伸ばし、体に対して90度になるようにします。
③足も手と同様に天井に伸ばして90度になるようにしましょう。
 このときに、膝、股関節の両方が90度になるようにします。

④腰の隙間を埋めたままで息を吐きながら右手、左足を伸ばしていきます。
⑤伸ばしたその場で息を吸い、再び息を吐きながら最初のポジションに戻します。
⑥反対側も同様に行いましょう。
 
【注意点】
しっかりとお腹の力を使い、両手足はリラックスした状態で動かします。
また、腰の隙間が空いてしまう場合には、手だけ、足だけなど、強度をコントロールして行いましょう。


まとめ


今回は、体の柔らかさと腰痛の関係性についてお話していきました。
必ずしも体が柔らかいことが良いとは限りません。
しっかりと柔軟性を付けたら、次は基盤となる腰回りを安定させることが重要となるのです。
皆さんもしっかりとお腹周りを鍛え、基盤を安定させていきましょう。