健康の3原則 その2「栄養」

投稿日時:2017/12/23(土) 18:45

目次




・「栄養」とは
・You are what you eat.
・食事方法とダイエット
・栄養と体脂肪






皆さん、こんにちは。

 

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」の山口です。
今回は、健康の3原則のその2である「栄養」についてお話しさせていただきます。



 

「栄養」とは



 そもそも「栄養」って何を指しているかご存知ですか



 ウィキペディアによると、「栄養」とは生体が外界から物質を取り込むことや、取り込むことにより体の機能を維持したり高めたりすることです。


 別の表現をすると、から入った食品を消化・分解・吸収などを通して利用する、健康に生きてゆくための様々な営みを指すための総称とされています。 生物はこうした「栄養」という営みを通して体を構成する成分を作り、体内でエネルギーを生み出して生きていると言われています。




You are what you eat.




 皆さんは、自らの「食生活」と向き合う機会がありますか?


《 You are what you eat. 》

私たちの身体は、食べたものでつくられています。


 そこを意識して、食事をとっていらっしゃいますか?
多くの方がなんとなく日々の食べる物を選択しています。


一昨日の夜は何を食べましたか?



 なかなか思い浮かばなかったという方は、なんとなく選んでいる可能性が高いかもしれませんね。

 痩せられない、風邪をひきやすい、アレルギーがひどい、お腹の調子が良くないといった身体の不調は、もしかしたら食生活が原因かもしれません。
 

 私自身も食生活を変えることで、上記に関して全て改善したので、食の大切さを見に染みて感じています。

 

 是非皆様も今一度、ご自身の食生活と向き合ってみてください。




食事方法とダイエット

 

 今や体組成計の普及により家庭でも体脂肪などの測定が簡単に行え、ご自身の体脂肪率も大体どのくらいか測りやすくなりましたね!

 
 基準値で言うと男性15~20%、女性20~28%と言われています。


 
 ただこちらの数値は健康を考えたうえでの数値となりますので、皆様の中には、もっと減らしたいと思う方も多いかと思います。
 


 体重や体脂肪の増減に一喜一憂し、増えれば落胆し自分には向いていないと
思ったことはありませんか?実は体重や体脂肪率の増加は非常にシンプルに考えることが出来ます。
 



 なぜなら人は食べたもので作られているからです!最初にお伝えした《 You are what you eat. 》ですね!

 

 もちろん遺伝的な要素で太りやすい、痩せやすいなどはありますが、
 


 基本的には摂取カロリー(食べたもの)消費カロリー(身体を動かしたエネルギー)で考えることが出来ます!
 


 現在の体型は、日々の『食生活の結果』であり、または『動作の結果』になります。

 

 1
日で体重が2kg増えた事や、体脂肪率が2%増えたなどは、
通常の生活をしていて起こるはずのないことになり、そこには体の中の水分量が大きく関わっています。
 
 

 食事に対する考え方が変われば、昨日よりも体重が2kg増えた事や減った事などで
一喜一憂することもなく、自然と無理なく痩せていくことが出来ます。
 


 何をたべたらいいのか?

 


 何を食べたらだめなのか?

 

 どのように体重や体脂肪率と向き合ったらいいのか?

 


 それが自分に合ったやり方で明確になれば今までよりももっと楽しくボディメイクが出来ると思います!





栄養と体脂肪



 体脂肪が1kg燃えるのに必要なカロリーをご存知ですか?


 人の体重には、体脂肪や筋肉、皮膚、内臓、骨などなど、色々なものが含まれますが、過剰な脂肪は落としながらも筋肉などはキープできると、健康的にも見た目的にもステキですよね。


 それでは、身体に付いている体脂肪を燃やすのには、どれくらいのエネルギー消費が必要なのでしょうか?


 基本的には1kgの体脂肪を落とすのには、約7200Kcalのエネルギー消費が必要になります。

 

 ちなみにこれは、フルマラソンを3回完走するくらいのエネルギー消費量になります。



 その為、サウナや運動の前後での体重の変動というのは、体脂肪の燃焼によるものではなく、水分が抜けたから体重が減ったという事になります。

 
7200Kcalを消費してはじめて体脂肪が1kg燃焼しますので、1か月で考えると7200Kcal÷30=1日240Kcalとなります。



 1日に運動で生活活動代謝を240Kcal増やすか、その分の食事を控えるか、120Kcal運動で消費し、120Kcal食事を控える合わせ技を使うか?といった形になります。

 240Kcalを運動で消費する為には、どういったものをどれくらい行わなければならないか?というと、その人の体重や行う運動強度の問題もありますが、ジョギングであれば約30分程度、ウォーキングであれば約100分程度必要です。



食事面から見てみると、お茶碗1杯のご飯や発泡酒のロング缶1本、どら焼き1個などが約240Kcalくらいになります。


 人によって出来る事や、やりたくないことは異なるかと思います。



 例えば、「どうしてもお酒は飲みたい」とか、「運動は好きだから続けられるけど、食事は変えたくない」。その逆に「運動は嫌いだから食事を変える」など。


 健康的に無理なく余計な体脂肪を落とすためには、自分に合った、継続できるやり方を考えるのがポイントです。


 健康的な身体を手に入れる為にも、一度自分の食事や運動習慣などを、ぜひ見直してみて頂ければと思います。

今回も最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。


猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」
山口詩織