猫背改善エクササイズ~ソラシックエクステンション~

投稿日時:2017/12/27(水) 13:36

いつも記事をご覧くださりありがとうございます。


前回は「肩の内外旋エクササイズ」という、肩周りをスッキリさせる、ストレッチポールでのエクササイズをご紹介していきました。


前回の「肩内外旋エクササイズ」はこちら


今回も、ストレッチポールを使用した猫背の改善エクササイズをご紹介致します。

 

目次



・猫背は背骨が固まりやすい!?
・「脊柱の弯曲」とは?
・ソラシックエクステンション
・エクササイズの効果
・エクササイズの注意点

 

猫背は背骨が固まりやすい!?




猫背でお困りの多くの方は、背骨が固まりやすい方が多いです。

・デスクワーク中心
・スマホの使用率が高い
・家事やキッチンなど何かと前かがみになることが多い

など、ライフスタイルによる姿勢の変化というのが非常に大きく、動作は常に体の前側で行われます。

こちらの記事をお読みいただいている姿勢もまさに、猫背姿勢で読んでいませんか?

このような姿勢を長時間続けていると、自然と体は前かがみで固まり、背骨が本来の柔軟性を保てない猫背の姿勢になります。

 

「脊柱の弯曲」とは?




背骨には正しいカーブがあります。

背骨には「頚椎」「胸椎」「腰椎」と呼ばれ、それぞれ7、12、5個と分かれています。

それぞれには決まったカーブがあるのが理想とされており、写真のようなカーブが最適です。




猫背の姿勢になると、それぞれのカーブの仕方が変わってくるのですが、より多く見られる猫背の姿勢は、カーブの仕方が、通常の形ではなくなってしまっています。

この適切なカーブから逸脱してしまうと、自ずと筋肉も固まり、あっという間に猫背の姿勢が出来上がってしまうのです。



ソラシックエクステンション




今回はソラシックエクステンションというエクササイズです。

ソラシックとは、前述した「胸椎」を英語にしたものです。

猫背=胸の背骨が丸まった状態を引き伸ばすために最適なエクササイズになります。

それでは、今回のエクササイズをご紹介いたします。

 

 

 

まずは、ストレッチポールを立てた状態で手を置きます

 

 

 

一度、大きく胸の背骨を丸めます

 

 

 

ポールを軽く押すようにし、息を吐きながら背骨を一直線まで伸ばします
こちらを繰り返し、10回ほど行います。


 

エクササイズの効果




こちらのエクササイズは、前述したように固まってしまいがちな胸の背骨の柔軟性を向上させることが大まかな目的です。

しかし、それだけではありません。

ポイントは、背骨を丸める姿勢にもあります。

多くの猫背でお困りの方は、腰を反るような姿勢をとっており、骨盤や肋骨の向きが崩れていることが多く見られます。





本来向き合っているはずの骨盤と肋骨のポジションを整えるには、「丸める」ことも非常に重要です。

息を吐きながら、しっかりと背骨を丸めてみましょう。


エクササイズの注意点




こちらのエクササイズは背骨の動きを向上させる目的で実施されますが、腰に痛みがある場合は反りすぎないように注意して行うようにしましょう

また、立てたポールが不安定な状態になりやすいので、体重を預けすぎて転倒しないよう、壁などを利用して行いましょう 

 

 




いかがでしたか?

体を丸めて過ごしやすいのは、現代人特有のものでもありません。

しかし、体を動かす習慣は、日本の歴史から見ても極端に減っていることと思います。

本来あるはずの柔軟性を向上させ、猫背になりにくい状態にしていきましょう!


 

最後までお読み頂きありがとうございました。

店舗紹介

神楽坂店 more

〒162-0825 
東京都新宿区神楽坂2-12 エンドウビル1F
TEL:03-6228-1946

表参道店 more

〒150-0001 
東京都渋谷区神宮前5-3-16カサデルレイ表参道E棟
TEL:03-6427-9974

横浜店 more

〒221-0834 
神奈川県横浜市神奈川区台町7-11ロンタンハウス1F
TEL:045-298-6380
取材問い合わせ