重力と姿勢と身長

投稿日時:2018/02/26(月) 20:30

目次

①重力とは?
②重力と姿勢と身長



皆様、こんにちは!
 
猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」の池田です!
 
今回の内容は、「重力と姿勢と身長」です!
 
最後までお楽しみ下さい!!
 
 

①重力とは?



私たちは常に重力にさらされて生活をしています。
 
「重力」・・・地球上の物体を地球に引きつけようとする力。
厳密には、地球との間に働く万有引力と、地球の自転による遠心力との合力とされています。


この重力によって、私たちは頭のてっぺんを常に押されるような状態になってしまいます。

ですので、朝起きた時は重力を頭のてっぺんから重力で押されていないため、身長が高くなっていることがあります。

そして、この重力に抵抗する力が無くなれば、猫背になり身長は縮んでしまいます。
 

どれぐらい変わるかというと・・・

よく分かりません(笑)

 
ですので先日、自ら試してみました。
下記をご覧ください。
 

 

②重力と姿勢と身長



重力によって身長が縮んでしまう公式は、

(立った状態の身長)-(仰向けで寝た状態の身長)=(重力を受けた影響)


となります。
 

私の場合、その差は2cmでした。

 

これは各関節に受ける圧力の総和になりますので、人によって誤差はバラバラになるかと思います。

 
失礼な話になるかもしれませんが、今年34歳を迎えた私よりも、還暦を迎えた方のほうが、重力に晒されてきた期間が長いため差は出づらくなります。

 
では、どうすれば良いのでしょうか?

 

重力から逃げ続けることは現実的に難しく、宇宙飛行士になるか、水中を軸とした生活を送るかしかありません。
 

私は宇宙に行く資格を持っていないのと、水中では1分も潜っていられないので、以下の点に気をつけて重力に抵抗しています。

 

例えば、

デスクワーク中に姿勢が悪くなった(重力に負けている)時、一度立ち上がる
 
1日1回はカベに背中をつけて正しい姿勢を覚える
 
周りの親しい人に、姿勢が悪かったら注意してお願いする
 
身長よ、伸びろ!と願う
 


これらは今日からでも行えるので、ぜひ実践してみて下さい!
 
 
しかし、背筋を伸ばす感覚は簡単なようで意外と難しいものです!
 


間違えやすいパターンとしては、背筋を伸ばすつもりが、腰を反ってしまっているだけになることです!
 


そこで「きゃっとばっく」では様々な運動理論を用いてレッスンを行っています!
 


ベースとなるピラティスでは「エロンゲーション」という言葉がよく使われますが、これは「軸の伸長」という意味になります。


 
人間の体でいう「軸」とは背骨であり、その数は成人であれば26個になります。
 


26個の背骨の間には椎間板という緩衝材がありますが、それぞれの椎間板が1mmほど重力によって潰れてしまえば2cm以上伸長は縮む計算になります。
 


背骨が潰れないよう「エロンゲーション」の感覚を掴めれば、宇宙に行かなくても、水中で生活しなくても重力に負けなくなります。

 
以下に「エロンゲーション」を促す運動を紹介しますので、ぜひお試しください!
 
 
『ヒップリフト』
【動画】http://www.youtube.com/watch?v=L0DqojIOFas
 
『きゃっとばっく』
【動画】https://www.youtube.com/watch?v=wEOjVXlcAAg
 
ポイントは1つずつ背骨を動かすようにすることです!
 
 

今回も、最後までお読み頂きありがとうございました!
 

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」
池田倫大