これさえ行えば安心!お家でできる猫背矯正ストレッチ!~骨盤編~

投稿日時:2018/05/09(水) 14:07

こんにちは。

 猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」です。

 

 

前回までは「猫背とストレッチ」という内容において、特に猫背と深く関わりのある「胸郭」と呼ばれる、背骨や肋骨周りの筋肉のストレッチをお伝えしていきました。

 

前回までの内容はこちら

 

 

復習になりますが、猫背を矯正するステップにおいて、筋肉に柔軟性があることは改善に対しての非常に重要なステップとなります。

 

 

何故なら、柔軟性が低下している状態においては、硬くなった筋肉が動きを阻害してしまう為、背骨をまっすぐに起こすことが難しくなるからです。

 

 

 

今回は、猫背と関わりの深い身体の1部である「骨盤」に目を向けた、猫背の矯正ストレッチをご紹介していきます。

 

 

 

目次

骨盤の歪みが猫背につながる!?

骨盤の正しい位置とは?

ペルビックティルト

ヒップリフト

まとめ

 

 

 

骨盤の歪みが猫背につながる!?

 

 

 

今回の内容である、骨盤周りのストレッチをご紹介していく前に、まずは猫背と骨盤について解説していきます。

 

 

骨盤は、言わば姿勢を支える土台となる部分にあたります。

 

 

骨盤が崩れると、その上に乗っている上半身も崩れ、逆に骨盤がしっかりと安定していれば、姿勢が崩れるということもそうそうありません。

 

 

何故ならば、骨盤は背骨とくっついているからです。

 

 

実際に、お越しいただく多くのお客様も、骨盤の歪みが姿勢を崩れにつながっているケースが多々あります。

 

 

 

骨盤の正しい位置とは?

 

 

それでは、正しい骨盤の位置はどこなのか。

 

 

まずは大きい視点から見ていきましょう。

 

 

骨盤は、かかと、肩、耳までを結んだ線上に乗っているのが理想的な位置になります。

 

 

そして、ASISと呼ばれる骨盤前方のグリグリした突起と、PSISと呼ばれる骨盤後方の突起が指2本半ほどの角度が付いているのが理想的です。

※目安は個人差があります。

 

 

この状態から逸脱した形になりますと、背骨も影響を受ける形で姿勢が崩れてしまいます。

 

 

  
※腰が反りすぎている状態

 

 

 


※骨盤の反りがなくなってしまっている状態

 

 

それでは、このような状態を改善するためのエクササイズをご紹介していきましょう!

 

 

ペルビックティルト

 

 


こちらのエクササイズは、骨盤の前傾や後傾といった動きの学習に最適です。

 

 

理想は立っている状態や座った状態でも骨盤の角度が意識できることですが、まずは仰向けに寝た状態での動きを学習していきましょう。

 

 

猫背で多く見られる、骨盤の前傾や後傾といった姿勢ですが、このような姿勢で固まってしまっていることで、反り腰や曲がった腰になってしまいます。

 

 

その原因となる骨盤の正しい位置を覚えていきましょう。

 

 

 

ヒップリフト

 


 

続いて、ヒップリフトというエクササイズのご紹介です。

 

 

猫背になっている方の多くは、お尻や太ももの筋肉がうまく使えていなかったり、肋骨が前方に出やすかったりします。

 

 

そういった筋肉を使って、正しい姿勢を覚えるためには効果的なエクササイズです。

 

 

また、骨盤の歪みによって、背骨が硬くなってしまったり、上手に背骨コントロールできない方も多くいらっしゃいます。

 

 

日頃腰や背骨がカチカチという方はぜひ行ってみてはいかがでしょうか?

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

猫背になっている方は、背骨や肩、首などが悪い状態になっていると思いがちですが、実は骨盤から崩れているという方が多くいらっしゃいます。

 

 

「骨盤が歪んでる」とよく言われる方は、もしかして猫背になりやすい身体になっている可能性もあります。

 

 

気になる方は、一度ぜひ身体を調べてみてはいかがでしょうか?

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。