猫背を治す方法② ~原因の追求~

投稿日時:2018/06/13(水) 14:16



前回記事では、猫背を矯正するためには
・なぜ治したいのかを明確にすること
・自分の現状を把握すること

が必要だとご紹介しました。



現状の把握とは、猫背の原因を見つけることです。

多くの方が猫背を改善しようとする場合、背中が丸いから伸ばそう!
ということで、背中を反らすエクササイズや施術を行います。

しかし、背中が丸いのは結果であり、その他の部位に問題があることが多く見られます。

そのためにも、現状をしっかり把握し適切に対処していくことが重要です。



今回は、猫背になる原因を大きく分けて解説していきます。




 

猫背の原因は?


猫背の原因は大きく3つに分類されます。

1、関節に問題がある
2、筋肉に問題がある
3、コントロール(脳・神経)の問題がある

上記3つ全てに当てはまる方もいれば、1つ、2つの方もいらっしゃいます。

各項目を詳しくみていきましょう。


 

1、関節に問題がある


関節に問題があるというのは、関節の可動性、滑走性がない状態を言います。

関節には参考可動域というものがありますが、その可動域いっぱいに動かせなくなっている状態です。
長年の猫背により背骨の動きが出なくなっていたりすることがありますし
猫背の原因そのものの可動性が低下していたりすることもあります。


2、筋肉に問題がある

こちらは、筋肉自体の適正な張力を失っている状態です。

筋肉は伸び縮みをして関節を動かしますが、筋肉そのものの伸びる、縮むという能力を失っていると関節を動かしたくても動かせません。


人間の身体が正しい姿勢を取るとき、筋肉は適切な筋の長さを保っていることが理想とされます。
筋肉が硬くなり、縮まっていること場合にはストレッチがおすすめになりますし
筋肉が伸長している場合は、トレーニングによって鍛えてあげることが重要です。


3、コントロール(脳、神経)の問題がある

こちらは、先に述べた関節の問題、筋肉の問題は無いけれども、猫背であったり、上手に体を動かせていない状態です。

例えば、バンザイ動作には腕が170度から180度まで上がると、耳の横まできます。
関節の可動性の問題がなく、筋肉の伸び縮みの問題もなければ、本来は耳の横まで腕がくるのですが、来ない状態になっていると、それは、コントロールが出来ていないという状態です。
これは、動かし方のクセの問題もありますし、そもそもそこまで腕が上がるということを知らないといけません。
この問題が強い人は、正しい動かし方や正しい姿勢を覚える運動を行うと改善していきます。


それぞれ原因が違うので、行うアプローチや処方するエクササイズの内容も変わっていきます。
原因を追求してどこから手をつけていくと最短距離で猫背を矯正できるかをチェックしていきましょう。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。



猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」
古城奈々絵

 
店舗紹介

神楽坂店 more

〒162-0825 
東京都新宿区神楽坂2-12 エンドウビル1F
TEL:03-6228-1946

表参道店 more

〒150-0001 
東京都渋谷区神宮前5-3-16カサデルレイ表参道E棟
TEL:03-6427-9974

横浜店 more

〒221-0834 
神奈川県横浜市神奈川区台町7-11ロンタンハウス1F
TEL:045-298-6380
取材問い合わせ