肩甲骨と頭の位置

投稿日時:2018/07/18(水) 19:58

 みなさん、こんにちは。
前回は、「肩甲骨」の動きについてご紹介致しました。


肩甲骨の位置はとても重要です。

肩甲骨の位置が本来ある場所からズレてしまうと、姿勢が崩れ、肩や首に負担をかけてしまうからです。

では、肩甲骨の位置だけ直せばよいのか?

実はココに落とし穴があります。

肩甲骨が本来の場所からズレてしまうのは結果になります。

つまり、肩甲骨が悪い訳ではなく、他の部分を治す必要があるのです。



 

目次
頭が前に出るのはなぜ?
犯人は胸郭(きょうかく)?
肩甲骨が本来の場所に戻ると?
頭の重さはスイカ1個分?
まとめ





 

①原因はどこだ?



肩甲骨は背中で関節を作ることなく、筋肉を介して身体から浮いた骨になります。

そのため背中の状態と密接に関わりを持ちます。

肩甲骨はこのような骨です。


<身体を横から見た時の肩甲骨>




<身体を正面から見たときの肩甲骨>
※三角形の面が背中にくっつきます





例えば、猫背のような丸い背中と、平らな背中であれば、どちらのほうがより肩甲骨が背中にフィットしそうでしょうか?

猫背姿勢だと肩甲骨が丸まってくれない限り、肩甲骨と背中の間には沢山の空間ができるかと思います。

大げさに言えば、点で接地するイメージです。




逆に平らな背中の方がまだ、背中への密着度が高そうですね。

つまり、背中が丸まった猫背であれば背中の丸みに押され、肩甲骨の位置が本来の位置からズレやすくなります。

すると、肩甲骨に付いている筋肉が伸ばされてしまい、機能低下というものを起こします。

機能低下とは筋肉が正常に働かなかったり、発揮できる力が弱くなってしまうことです。

機能低下は身体にとって百害あって一利なしのため、早期の矯正が必要になります。






 

②犯人は胸郭(きょうかく)?




肩甲骨の位置は結果であることは理解されましたか?

であれば、まずは猫背を矯正することが必要な可能性が出てきました。

一般的な猫背とは背中が丸まり、首や頭が前に飛び出た姿勢です。





ここで重要なのは、「猫背のような姿勢を取るな!」ではなく、「猫背姿勢を取り続けるな!」です。



デスクワークで小さな文字を入力する時や、落ち込んだ時などは自然と首や頭が前に出てしまい、背中が丸くなるものです。



その背中が丸まった猫背姿勢を取り続けてしまうと、今度は背中を伸ばすことが苦手になってしまうのです。



そうなると、胸郭は丸くなり、胸郭の上に乗っている肩甲骨は丸みにより押し出され、肩甲骨の位置はズレてしまうのです。



例えるならば肩甲骨はタイヤです。

胸郭は道路になります。

猫背になった胸郭を坂道とするなら、その上に乗るタイヤは低い方転がっていきますよね?



つまり胸郭(道路)が安定しなければ、肩甲骨(タイヤ)は正しい位置からずれてしまうということです。

わかりやすかったでしょうか?笑

それぐらい胸郭と肩甲骨の関係性は密接だと思って頂ければと思います。






 

③肩甲骨が本来の場所に戻ると?




猫背が矯正され、胸郭と肩甲骨がフィットすると首や頭の位置も戻りやすくなります。

人間の身体には重心というものがあります。

猫背になり背中が丸くなると、重心が後ろに移動します。

すると、重心を戻そうと首や頭の位置を前に移動させて、重心のバランスをとります。



<重心をとった猫背姿勢>






そのため、猫背が矯正されれば、後ろに重心が移動することが無くなるので、首や頭を前に出す必要性が無くなり、肩甲骨の位置も元の位置に戻り、機能低下を起こしていた筋肉達は、本来の機能を取り戻しやすくなります。






 

④頭の重さはスイカ1個分?




頭の重さは、個人差はあれど6kgぐらいあります。

身近なもので例えると、大きめのスイカや、ボーリングの玉(13ポンド)となります。



そのぐらい質量があるものを細い首で支えている形になります。

では、その頭が前に移動したら首や肩はどうなるでしょうか?




頭が取れてしまう事はありませんが、頭が前に転がらないように、肩甲骨から頭につながる筋肉たちが必死に引きつける事になります。

その状態が長く続けば、肩こりや首コリというものを引き起こしやすくなるのはイメージしやすいですよね!






 

⑤まとめ




肩甲骨の位置はとても重要です。

なぜなら、肩甲骨と頭をつなぐ筋肉の機能低下を起こし、身体に不調を発生させてしまうからです。



しかし、肩甲骨の位置のズレは結果であるため、猫背のような姿勢であれば、まず姿勢を治し、丸まった背中を矯正する必要があります。




肩や首に負担をかけ続け、「首コリ」や「肩こり」を発生させないためにも、
肩甲骨の位置と、全体的な姿勢を見て、原因となる問題を解決することが重要となります。


最後までお読み頂き有難うございました。


 
猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」
山口詩織

店舗紹介

神楽坂店 more

〒162-0825 
東京都新宿区神楽坂2-12 エンドウビル1F
TEL:03-6228-1946

表参道店 more

〒150-0001 
東京都渋谷区神宮前5-3-16カサデルレイ表参道E棟
TEL:03-6427-9974

横浜店 more

〒221-0834 
神奈川県横浜市神奈川区台町7-11ロンタンハウス1F
TEL:045-298-6380
取材問い合わせ