猫背矯正に重要な感覚器

投稿日時:2018/10/04(木) 11:02

 こんにちわ。
前回は、「姿勢の仕組み」についてお話をさせて頂きました。
 

 そして、その「姿勢の仕組み」の中で、猫背を矯正したり、姿勢をキレイにする為には、身体のセンサーである「感覚器」を働かせることが大切ですと。
 

 そこで今回は、「感覚」や「感覚器」についてお話させて頂きたいと思います。
 

「猫背矯正に大切な感覚や感覚器について」
 

 日ごろ、食事をしていても、「このスイーツは思ったより甘い」とか、「このコーヒー酸味が強い」など、味に関して色々な話をすると思います。
 

こうした味というのも、「味覚」という1つの感覚になります。
 

 また、夏には「暑い」といって冷房が効いた空間でのんびりと冷たいアイスコーヒーを飲んでみたり、冬には「寒い」といって、コタツで丸くなっていたりしますよね。
 

こうした温度に関わるものも感覚になります。
 

 ヒトは身体の様々な所に存在する多様なセンサーを通して、身体の内側と外側の情報を感知し、自分の身体が今どうなっているのか?ということを把握し、姿勢をはじめ様々な調整を行っています。
 

その為、キレイな姿勢を保つ為には、先ずは感覚器というセンサーから正しく情報が脊髄や脳に伝わり、自分の身体が今どうなっているのか?ということを、把握できるということがとても大切になります。
 

そして、ヒトの「感覚」は「体性感覚」「内臓感覚」「特殊感覚」という大きく3つに分類され、一番親しみやすいのが「特殊感覚」であり、これはいわゆる「五感」になります。
 

「五感」とは、「視覚」、「聴覚」、「嗅覚」、「味覚」、「平行覚」の5つを指し、それぞれ対応するセンサーである「感覚器」が以下の様になります。
 

視覚:目
聴覚:耳
嗅覚:鼻
味覚:舌
平衡覚:内耳
 

「平衡覚」というのは、少し聞きなれない言葉かもしれませんが、これは頭の傾きや回転などの感覚になります。
例えば、目を閉じた状態でも、頭や身体が傾けば、それを感じ取ることが出来ますよね?
 

 こうして得られた情報を「平衡覚」といい、いわゆる身体のバランスを保つのに使われています。
例えば、電車の中でウトウトしながら、お隣の方に頭や身体がかなり傾いていることってありますよね。しかし、その傾いている人が倒れるかというと、ガクッとなってもギリギリの所でまた身体を真っ直ぐに戻したりする場面を目にすることは多々あるかと思いますが、こうした反応にも平衡覚が関わっています。
 

 そして、これは耳のかなり奥にある「内耳」と呼ばれる部分にある、センサーによって感じ取っているのですが、内耳って聞きなれない言葉かと思いますので、次回、姿勢を維持する為に欠かせない平衡覚について、耳の構造も含めてご説明させて頂きます。
 

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」
代表 小林俊夫
 


 
店舗紹介

神楽坂店 more

〒162-0825 
東京都新宿区神楽坂2-12 エンドウビル1F
TEL:03-6228-1946

表参道店 more

〒150-0001 
東京都渋谷区神宮前5-3-16カサデルレイ表参道E棟
TEL:03-6427-9974

横浜店 more

〒221-0834 
神奈川県横浜市神奈川区台町7-11ロンタンハウス1F
TEL:045-298-6380
取材問い合わせ