肋骨を動きを改善して猫背矯正~ローオブリークツイスト~

投稿日時:2018/10/05(金) 19:31

この記事では、猫背を矯正するエクササイズをご紹介しています。


前回の記事でご紹介したように、肋骨が外旋位(開いた状態)になっている方が多くいらっしゃいます。そして肋骨が外旋した状態では背骨の動きが制限されるため良い姿勢がとりづらくなります。

肋骨の内旋を促すことは姿勢矯正のうえで重要になりますが、同時に肩甲骨の機能にも関わります。

今回は肋骨と肩甲骨の機能についてご紹介していきます。


目次
・肋骨と肩甲骨の機能の関係
・ローオブリークツイスト
・エクササイズのやり方

 


肋骨と肩甲骨の動きの関係

 

胸郭という言葉をご存知でしょうか?

いわゆる肋骨周りの部分のことですが、詳しくご説明すると「12個の胸椎」と「12対の肋骨」と「胸骨」によって構成されています。

実はこの胸郭のアライメントは肩甲骨の機能に密接に関わります。

なぜなら、肩甲骨はこの胸郭の上に張り付くような構造をしており、動く時は胸郭の上を滑るように動くからです。

肩甲骨には頭や首を支える筋肉がたくさん付着しますので、肩甲骨の機能は姿勢矯正にも大切ですが、そもそも胸郭のアライメントが崩れていると肩甲骨も機能低下を起こします。

そのため、肋骨の内旋を促すエクササイズは肩甲骨の機能改善にもつながります。

まさに一石二鳥ですね!

それでは、エクササイズをご紹介します。

 

ローオブリークツイスト


今回は「ローオブリークツイスト」というエクササイズをご紹介します。

このエクササイズは肋骨の内旋と、肩甲骨の機能改善に効果的です。

それでは、エクササイズのやり方をご説明します。


エクササイズのやり方

①横向きに寝て、片肘を地面に着きます。
②両膝の角度を90度にして、下側の脚は股関節も90度に曲げます。
③天井方向に手を伸ばし、下側の肩の力が抜けないようにします。
④わきの下に手を通し、体をひねるように行います。
⑤両肘を着き、地面を押します。
⑥3回呼吸をしたら元の姿勢に戻り、3セット行いましょう。


※ポイント
・骨盤の後傾を維持しましょう。
・肩がすくまないようにしましょう。

筋力トレーニングの前のウォーミングアップや、エクササイズの最初の方で行っていただくと効果的です。

肋骨の内旋を促して背骨を柔らかく動かせるようにするとともに、肩甲骨の機能改善を図ることで、良い姿勢をとりやすくしていきましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」
中北貴之 
店舗紹介

神楽坂店 more

〒162-0825 
東京都新宿区神楽坂2-12 エンドウビル1F
TEL:03-6228-1946

表参道店 more

〒150-0001 
東京都渋谷区神宮前5-3-16カサデルレイ表参道E棟
TEL:03-6427-9974

横浜店 more

〒221-0834 
神奈川県横浜市神奈川区台町7-11ロンタンハウス1F
TEL:045-298-6380
取材問い合わせ