猫背矯正ストレッチポールエクササイズ~バタフライ~

投稿日時:2018/10/10(水) 22:17

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

いつも記事をご覧くださりありがとうございます。

 

 

 

 

前回は、股関節の動きから、猫背を改善するエクササイズをお伝え致しました。

前回の記事はこちら

~エアプレーン~

 

 

今回は猫背改善の中でも、骨盤や肋骨のポジションを改善するためのストレッチポールエクササイズをご紹介致します。

 

 

今回ご紹介するエクササイズは、「バタフライ」エクササイズです。

 

 

 

 

 

 

目次

・猫背と広背筋
・猫背と骨盤
・バタフライ
・エクササイズの効果
・まとめ

 

 

 

 

 

 

猫背と広背筋

 

 

 

 

猫背でお悩みの多くの方は、いわゆるオープンシザースシンドロームと言って、肋骨や骨盤の前側が開いています。

 

 

 

 

姿勢を保つ際の基本は「インナーマッスル」が働くことが重要になりますが、このオープンシザースシンドロームはその働きを低下させます。

 

 

 

 

オープンシザースの姿勢は「広背筋」という、背中側に付着している筋肉が

過剰に働いている場合が多くみられます。

 

 

 

 

まずはオープンシザースの姿勢から脱するために、この広背筋を抑制する必要があります。

 

 

 

 

 

 

猫背とハムストリングス

 

 

 

 

また、骨盤の角度も重要になります。

 

 

 

 

オープンシザースの場合、骨盤が前傾と言って、前側が開く形になります。

 

 

 

 

骨盤の後傾を促す際、筋肉で重要な部分は「ハムストリング」といういわゆるももうらの筋肉になります。

 

 

 

 

この筋肉が働くことで、骨盤を後傾方向に改善することができます。

 

 

 

 

今回はこの「広背筋」の抑制や「ハムストリングス」の促通のためのエクササイズをご紹介致します。

 

 

 

 

 

 

バタフライ

 

 

 

 

まずは仰向けになり、ストレッチポールに踵を置きます。

 

 

 

 

手前に軽く転がすようにし、骨盤を後傾します。

※この際、ハムストリングスに力が入っていれば更に効果的です。

 

 

 

 

手を床に近づけるように、肩を開いていきます。

 

 

 

 

このポジションを保ちながら、呼吸を3~4回ほど繰り返します。

 

 

 

 

 

 

エクササイズの効果

 

 

 

 

こちらのエクササイズを実施することで、オープンシザースの原因である広背筋の抑制や、骨盤の後傾を行うためのハムストリングスの強化に効果的です。

 

 

 

 

猫背でお悩みの方は、体の感覚が低下している場合が非常に多いです。

 

 

 

 

肋骨の位置や骨盤の角度を意識するにもイメージしやすいエクササイズでしょう。

 

 

 

 

 

まとめ 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

 

まずは鏡に立った姿勢を確認してみましょう。

 

 

 

 

「背中が潰れて、お腹がぽっこり」

そんな姿勢には非常に効果的なエクササイズです。

 

 

 

 

ぜひ実施してみてください!

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」

檜森雄太

 

 

店舗紹介

神楽坂店 more

〒162-0825 
東京都新宿区神楽坂2-12 エンドウビル1F
TEL:03-6228-1946

表参道店 more

〒150-0001 
東京都渋谷区神宮前5-3-16カサデルレイ表参道E棟
TEL:03-6427-9974

横浜店 more

〒221-0834 
神奈川県横浜市神奈川区台町7-11ロンタンハウス1F
TEL:045-298-6380
取材問い合わせ