猫背矯正ストレッチポールエクササイズ~ローオブリークサイドリーチ~

投稿日時:2018/10/13(土) 15:39

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

いつも記事をご覧くださりありがとうございます。

 

 

 

 

前回は、肋骨の柔軟性を高めるエクササイズをお伝え致しました。

前回の記事はこちら

~スワン ハンドアップ~

 

 

今回は、前回に引き続き肩の位置を安定させながら、猫背の原因となる筋肉のストレッチエクササイズをご紹介致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

目次

・猫背と肩と広背筋
・ローオブリークサイドリーチ
・エクササイズの効果
・エクササイズの注意点
・まとめ

 

 

 

 

 

 

猫背と広背筋

 

 

 

 

前回の記事では、猫背になると肩のポジションが崩れることをお伝えしていきました。

 

 

 

 

前回の記事のような翼状肩甲を改善するためには、筋肉をストレッチするだけでなく、肩甲骨やそれにつながる肋骨の正しい位置で肩周りの筋肉をトレーニングする必要あります。

 

 

 

 

さて、ただ肩周りのトレーニングを実施するだけでは根本的な改善とはいきません。

 

 

 

 

肩の位置が崩れてしまう大きな原因である「胸郭の歪み」を改善する必要があります。

 

 

 

 

猫背でお困りの多くの方は、腰が反った状態になり、肩甲骨が崩れます。

その反り腰の状態になる原因の1つとして「広背筋」が上げられます。

 

 

 

 

広背筋が硬くなると反り腰になるだけでなく、肩の内巻きも引き起こします。

 

 

 

 

今回は肩の位置を整えるための強化をしながら、広背筋のストレッチが行えるエクササイズをご紹介します。

 

 

 

 

 

 

ローオブリークサイドリーチ

 

 

 

 

肘を立て、横向きになります。

 

 

 

 

反対の手をポールに置きます。

 

 

 

 

立てた腕は床を押しながら、ポールに置いた手は頭の方向へ転がします。

この際、立てた腕の方は崩れないように、床を押しておきましょう。

 

 

 

 

 

 

エクササイズの効果

 

 

 

 

肩のポジションを安定させるだけでなく、広背筋のストレッチが可能です。

 

 

 

 

上述したように、肩の内巻きを改善する効果もあります。

 

 

 

 

 

 

エクササイズの注意点

 

 

 

 

このエクササイズを実施すると、手を伸ばそうとしすぎて骨盤が前傾(反り腰)になりやすいです。

 

 

 

 

なるべく骨盤は後傾にしておくと、広背筋はしっかりストレッチされやすいので、骨盤の角度を意識して行うようにしましょう。

 

 

 

 

勢いでポールが転がりすぎないように、ある程度コントロールしながら行いましょう。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

 

特に反り腰が気になる方は、背中が硬くなる可能性が非常に高いです。

 

 

 

 

ぜひ姿勢を確認し、腰が反っていたり、背中の張り感の症状がある時はぜひ行ってみてください!

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」

檜森雄太

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店舗紹介

神楽坂店 more

〒162-0825 
東京都新宿区神楽坂2-12 エンドウビル1F
TEL:03-6228-1946

表参道店 more

〒150-0001 
東京都渋谷区神宮前5-3-16カサデルレイ表参道E棟
TEL:03-6427-9974

横浜店 more

〒221-0834 
神奈川県横浜市神奈川区台町7-11ロンタンハウス1F
TEL:045-298-6380
取材問い合わせ