猫背矯正ストレッチポールエクササイズ~キャットキャメル~

投稿日時:2018/10/17(水) 17:21

 

 

いつも記事をご覧くださりありがとうございます。

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

 

 

前回は、猫背の中でも、肩の内巻きを改善するエクササイズをお伝え致しました。

前回の記事はこちら

~リバースプランク~

 

 

今回は猫背改善の中でも、背中の丸みで気になる方に是非行っていただきたい、背骨を動かすエクササイズをご紹介致します。

 

 

 

 

 

 

目次

・猫背と胸椎
・キャットキャメル
・エクササイズの効果
・エクササイズの注意点
・まとめ

 

 

 

 

 

 

猫背と肩

 

 

 

 

猫背でお困りの多くの方の1つのお悩みとして、「背中の丸み」を訴える方が多く見られます。

 

 

 

 

人間の体は、背骨によって支えられています。

 

 

 

 

特徴として、胸椎と呼ばれる胸の背骨、腰椎と呼ばれる腰の背骨、頚椎と呼ばれる首の骨の3つの構造になっています。

 

 

 

 

この関節は、可動域がそれぞれ異なり、特に胸椎や頚椎はよく動く「可動性の関節」などとも呼ばれます。

 

 

 

 

反対に腰椎は「安定性の関節」と呼ばれたりするほど、可動域を大きく持たない構造になっています。

 

 

 

 

しかし、猫背でお困りの多くの方は、骨盤が前に出ることによって過剰に腰椎が前弯し、反対によく動くはずの胸椎が腰椎の代わりに固まってしまう、なんてことがよく見られます。

 

 

 

 

特に、背中が丸まったり、首が前に出たりする場合の多くは、土台となる胸椎が原因になりやすいです。

 

 

 

 

今回は、本来動くはずの胸椎が固まってしまった際の、可動域向上のエクササイズのご紹介です。

 

 

 

 

 

 

キャットキャメル

 

 

まずは正座のような形から、ポールに手を置きます。

※この際、手の側面が当たるとなお良いです。

 

 

 

 

手を前に転がすように、ポールを前方に運びます。

 

 

 

 

胸椎を伸ばします。

この際、息を吐いて肋骨をしまいましょう。

 

 

 

 

 

 

エクササイズの効果

 

 

 

 

こちらのエクササイズは、背中が丸まってしまいがちの方に非常に効果的です。

 

 

 

 

可動域の改善だけでなく、正しい姿勢を覚えきれない方には、姿勢をインプットしやすいエクササイズです。

 

 

 

 

この際軽くポールを押してあげると、肩の強化にもつながりますので、余裕がある場合はそこまで意識しても良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

エクササイズの注意点

 

 

 

 

背骨を伸ばす際、肋骨が飛び出ないようにすることがポイントです。

背骨を伸ばしながら、息を吐くことを心がけましょう。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

 

普段座り姿勢が長い方など、背中が丸まってしまっている方には、非常に効果的です。

 

 

ぜひ実践してみてください!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」

檜森雄太

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店舗紹介

神楽坂店 more

〒162-0825 
東京都新宿区神楽坂2-12 エンドウビル1F
TEL:03-6228-1946

表参道店 more

〒150-0001 
東京都渋谷区神宮前5-3-16カサデルレイ表参道E棟
TEL:03-6427-9974

横浜店 more

〒221-0834 
神奈川県横浜市神奈川区台町7-11ロンタンハウス1F
TEL:045-298-6380
取材問い合わせ