猫背矯正ストレッチポールエクササイズ~TFLリリース~

投稿日時:2018/12/06(木) 19:37

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

いつも記事をご覧くださりありがとうございます。

 

 

 

 

前回は、ストレッチポールを使用することのメリットをお伝えし、中でも可動域の改善にとても効果を発揮する点を、体の構造の観点からお伝えしていきました。

前回の記事はこちら

~ストレッチポールの有効活用~

 

 

今回は可動性を高めるストレッチポールの使用方法の中でも、猫背になってしまう原因に対してアプローチできる方法をお伝えします。

 

 

 

 

 

 

目次

・猫背の原因は骨盤から?
TFLリリース
・エクササイズの効果
・エクササイズの注意点
・まとめ

 

 

 

 

 

 

猫背の原因は骨盤から?

 

 

 

 

まずは、多くの方が悩む猫背の症状を見ていきましょう。

 

 

 

 

首が前に出たり、背中が丸まってしまったり

多くの方は大抵、この首や背中の丸みに対してアプローチをしてしまいがちです。

 

 

 

 

しかし、原因は骨盤にあるということがほとんどです。

 

 

 

このような姿勢になると、肋骨が外旋位(上向き)、骨盤が前傾位(腰が反る状態)のような状態になります。

 

 

 

 

骨盤が前傾してしまう原因の1つとして「大腿筋膜張筋」の短縮が考えられます。

 

 

 

 

この筋肉は、骨盤を股関節や膝を前方に曲げる働きをもち、さらに太ももの骨を内旋、外転させる筋肉として働きます。

 

 

 

 

通常の立ち姿勢で、大腿筋膜張筋が過剰に働くと、骨盤を前傾させる筋肉として働きます。

 

 

 

 

ということは、猫背の方のほとんどは、この筋肉を過剰に使ってしまっているということです。

 

 

 

 

今回はこちらの筋肉を使いすぎている場合における、ストレッチポールでの対処法をお伝えします。

 

 

 

 

 

 

TFLリリース

 

 

 

 

ストレッチポールを用意します。

 

 

 

 

ポールに対して、太ももの外側を当てるようにして、横になります。

 

 

 

 

この筋肉の範囲に対して、ポールをコロコロと転がします。

 

 

繰り返します。

 

 

 

 

 

 

エクササイズの効果

 

 

 

 

前回の記事でお伝えしたように、筋肉に圧刺激を加えることで、筋肉が緩んでくれる働きがあります。

 

 

自分でできるセルフマッサージのようなものですね!

 

 

 

 

骨盤が前傾している方にはもちろんですが、足の太さを気にしている方や、階段やランニング中に膝を痛めてしまう方などにも効果的です。

 

 

 

 

 

 

エクササイズの注意点

 

 

 

 

大腿筋膜張筋は途中で、靭帯のように硬い組織に変わります。

 

 

実施中は非常に痛みを伴う方もいらっしゃるので、決して無理のない範囲で行うようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

 

ストレッチポールを圧刺激を入れる媒体として使用できるのも、持っていることでのメリットですね!

 

 

 

 

ぜひストレッチポールをお持ちの方で、ご紹介した例に当てはまるようでしたら、ぜひ実施してみてください。

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」

檜森雄太

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店舗紹介

神楽坂店 more

〒162-0825 
東京都新宿区神楽坂2-12 エンドウビル1F
TEL:03-6228-1946

表参道店 more

〒150-0001 
東京都渋谷区神宮前5-3-16カサデルレイ表参道E棟
TEL:03-6427-9974

横浜店 more

〒221-0834 
神奈川県横浜市神奈川区台町7-11ロンタンハウス1F
TEL:045-298-6380
取材問い合わせ