姿勢分析編⑥ 猫背を治すために必要な筋力チェック

投稿日時:2016/12/21(水) 19:10

前回の猫背を矯正する方法は、体幹の筋力をチェックしていきました。

腕立て伏せのような形で、身体を持ち上げ、ちゃんと腰が反らずにできるかどうかというところがポイントでした。
 
今回も、体幹の筋力をチェックしていきますが、また別の形でチェックをしていきます。



 

【目次】

・人間の筋力はどうやってついていくの?
・四つ這いで、体幹・股関節・肩甲骨の筋力チェック




 

人間の筋力はどうやってついていくの?

当たり前ですが、人間は生まれてすぐは、立てません。
 
生まれてから立ち上がるまで様々な過程を経て、「立つ」という機能を得ます。
 

猫背で姿勢が悪いということは、言い換えれば「正しく立てていない」ということになります。
 
では、猫背ではなく、正しい姿勢で立つ為にはどうしたらいいかというと、赤ちゃんが生まれてから立つまでの過程を再度辿ると、答えが見えてきます。
 

最初は仰向けで寝ていた赤ちゃんは、寝返りを打ったりしながら横向きで寝たり、うつ伏せで寝たりと、少しずつ体勢を変えられるようになっていき、うつ伏せでよちよち歩きながら、徐々に四つ這いの姿勢になり、その後立てるようになります。
 
この4つばいの姿勢は、大人でもキレイにとれない方が多く、この四つ這いをキレイに保つために必要な筋力も、同時に弱い方が多いです。
 

前置きが長くなりましたが、この4つばい姿勢でキレイな姿勢を取れるか?
 
そして四つ這いからキレイに動けるか?
 
などをチェックしていくと、正しい姿勢を取る為に必要な筋力、つまり猫背を治す為に必要な筋力があるかどうかも見えていきます。




 

四つ這いで体幹・股関節・肩甲骨の筋力チェック

まずは、四つ這いの姿勢を取ります。
 
その後、写真のように、左手と左足を同時に伸ばします。

 
さらに、そこからお腹の下で、肘と膝を付けて、再度手足を伸ばします。

 
この動作がスムーズに出来ればOKですが、ほとんどの方は出来ないと思いますので、簡単な形でもやっていきます。
 
先程の写真は、同じ方の手足(左手-左足)でしたが、今度は左手-右足と、互い違いに行います。
 
そうすると、先ほどよりも難易度が下がりやりやすくなります。
 

このような形で、身体を支える筋力があるかどうかをチェックしていくと、正しい姿勢を取る為に不足している筋力が見えてきます。
 
このチェックでは、体幹だけではなく、股関節の筋力や、肩甲骨周りの筋力も同時にチェックできます。
 

猫背の方は、股関節の筋力も、体幹の筋力も、肩甲骨周りの筋力も弱っていることが多いので、同時にチェックできるので、猫背の原因の分析には効果的です。
 

人間、本来は正しい姿勢を取れるように成長してきたはずですが、日々のデスクワークやスマホ、昔のケガ、動きのクセなど様々な原因で、姿勢が崩れていきます。
 

そんなチェックに効果的ですので、猫背を治す方法を見つける為には、重要なチェック方法になります。
 

最後までお読みいただきありがとうございました。
 

 

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」
千野ひとみ

---------------------------------------------------------------------------------------------

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」トップに戻る
 

猫背を矯正する方法まとめページはこちら

猫背を矯正する方法

店舗紹介

神楽坂店 more

〒162-0825 
東京都新宿区神楽坂2-12 エンドウビル1F
TEL:03-6228-1946

表参道店 more

〒150-0001 
東京都渋谷区神宮前5-3-16カサデルレイ表参道E棟
TEL:03-6427-9974

横浜店 more

〒221-0834 
神奈川県横浜市神奈川区台町7-11ロンタンハウス1F
TEL:045-298-6380
取材問い合わせ