⑬~クツで分かる猫背と肩こり~

投稿日時:2016/12/22(木) 16:45

猫背と肩こり⑬~クツで分かる猫背と肩こり~


前回は、足首の影響で肩がこってしまうかも?というお話をさせて頂きました。

立った時は足しか地面についていないので、つま先の方向や、足首の位置がズレてしまうと、それだけで全身の姿勢に悪影響が及ぶ可能性があります。

なかなか足首の位置がどうズレているか?と言われてもイメージしにくいと思いますので、今回は「クツ」でご説明いたします。


 

クツのすり減り方で、姿勢がわかる?


よく、「きゃっとばっく」にお越し頂く方に、重心のズレなどについてお話すると、

「そういえばクツがいつも外側から減っていく」

などの気付きを得られる方が多くいらっしゃいます。

本来の状態より重心がズレると、片側に重心がずれた結果、クツの裏やヒールが片側から削れることは多く起こります。

では、本来重心はどこに乗るのか?という話になりますが、一般的には「カカト」「親指付け根」、「小指付け根」の3か所で支えていると言われています。

割合は大雑把には、カカト3:親指付け根2:小指付け根1くらいの比率と言われています。

この割合が大きく崩れている時に、どこかに過剰に負荷がかかり、クツが一か所だけ削られるようなことが起こります。

このように重心がズレると、猫背や肩こりなどにも大きく影響してきます。

例えば、思いっきり右足の外側に体重が乗っているとすると、全身右側体重になります。
そうすると右に倒れます。

ですが、人間倒れないように必ずかばって重心を真ん中に戻します。

この時どう戻すかというと、骨盤の位置をズラしたり、頭の位置をズラすなどの他の部分でバランスをとろうとします。

この時、頭の位置を傾けると、どうしても首や肩に負担がかかってしまいます。

この場合、バランスをとるために、猫背にならざるを得ない状態の方や、首を横に傾けざるを得ないことになります。

「きゃっとばっく」では、猫背を3パターンでご紹介させて頂いておりますが、これはどれも重心の位置は正しい位置にはない状態です。


 


また、「写真をとる時に首が曲がっている」という方は多いと思いますが、この原因は実はこのような重心のズレから、首を曲げるしかなかったという場合が結構多いです。

そんな時は、首肩周りの筋肉のバランスを整えるようなストレッチやエクササイズだけではなかなか改善は難しいです。

重心を正しい位置に戻し、そのうえで猫背で丸まった背骨や、肩周りのストレッチやエクササイズを行うことで、猫背が矯正されていきます。

そういえば写真をとる時に、首が曲がっている気がする…

なかなか猫背の姿勢や肩こりが解消されない…

そんな方は一度ご自分のクツを見て頂くと、意外な発見があるかもしれません!

最後までお読み頂きありがとうございます



猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」
戸井口啓太

---------------------------------------------------------------------------------------------

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」トップに戻る

店舗紹介

神楽坂店 more

〒162-0825 
東京都新宿区神楽坂2-12 エンドウビル1F
TEL:03-6228-1946

表参道店 more

〒150-0001 
東京都渋谷区神宮前5-3-16カサデルレイ表参道E棟
TEL:03-6427-9974

横浜店 more

〒221-0834 
神奈川県横浜市神奈川区台町7-11ロンタンハウス1F
TEL:045-298-6380
取材問い合わせ