猫背矯正エクササイズ~ワイパー運動~

投稿日時:2017/01/12(木) 19:14

猫背とストレッチポールVol.5~ワイパー運動~


前回は、肋骨の柔軟性の低下が猫背に繋がるメカニズムや
肋骨、脊柱の柔軟性の向上のためのエクササイズをご紹介しました。

本日は、数あるストレッチポールエクササイズの中でも「骨盤周り」に対するエクササイズをご紹介致します。

猫背でお困りの多くの方の姿勢は「スウェイバック」という姿勢をしています。
 



スウェイバック姿勢は、骨盤が前方移動することにより身体の重心位置を見失い、
骨盤が移動した分、肋骨や背骨、頭部で重心を保とうとする姿勢のことです。

こちらの姿勢で問題になってくるのが、骨盤と股関節のズレになります。

大腿骨(太ももの骨)が正しいの姿勢よりも前方に移動すると通常下肢の筋力で支えなければいけないものを、「腸骨大腿靭帯」という強固な靭帯で股関節を支えることになります。

そのため、関節は通常の位置よりも前方へ移動し、固定されてしまうのです。

この股関節が前方へ移動してしまう姿勢の矯正エクササイズとして有効なものがストレッチポールを使用した「ワイパー運動」になります。
 

~股関節のエクササイズ『ワイパー運動』~



まずは、通常の乗り方と同じくポールに仰向けになるように寝ます。


上半身はバランスのとりやすい位置を見つけましょう。
 



両脚を伸ばし、バランスをとります。

※この際、腰の違和感や痛みを感じるときは注意しましょう。

 



足先をバイバイするように、股関節から内~外と捻っていきます。

 



この際、なるべく脱力を心がけ、気持ちの良い状態で動かすことがポイントです。


骨盤周りの悪い影響は、姿勢に対しても悪い影響を及ぼします。

また、記事をお読みの方の中にも‟股関節のつまり”がある方もいらっしゃると思いますが、主に股関節が前方へ移動してしまっていることが問題となることも多いです。

一見動かしていると、難しさを感じるエクササイズではありませんが、

ストレッチポールの持つリラクゼーション効果も相まって、股関節周囲の筋肉や緩み、正しい位置へと修正させてくれるエクササイズです。

「普段骨盤が前にでているかも」

そんな気がする方は、ぜひ実践してみてくださいませ。


猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」
檜森雄太

店舗紹介

神楽坂店 more

〒162-0825 
東京都新宿区神楽坂2-12 エンドウビル1F
TEL:03-6228-1946

表参道店 more

〒150-0001 
東京都渋谷区神宮前5-3-16カサデルレイ表参道E棟
TEL:03-6427-9974

横浜店 more

〒221-0834 
神奈川県横浜市神奈川区台町7-11ロンタンハウス1F
TEL:045-298-6380
取材問い合わせ