猫背矯正エクササイズ~膝ゆるめ~

投稿日時:2017/01/12(木) 19:16

こんばんは。

前回は、猫背の多くの方がお持ちの骨盤の歪みの一つである「回旋」についての内容と回旋を矯正するためのストレッチポールエクササイズについてご紹介致しました。

今回は、前回は同様骨盤と股関節の歪みが原因で引き起こされる、猫背の原因と、その矯正エクササイズをご紹介致します。

猫背の多くの方は、「スウェイバック姿勢」をとっており、大腿骨(太ももの骨)と骨盤の関係をみると、骨盤が前方へ突出しております。

そもそも股関節は3つの強力な靭帯
 

・腸骨大腿靭帯

・恥骨大腿靭帯

・坐骨大腿靭帯
 

で覆われております。

中でも、腸骨大腿靭帯は3つの中でも強靭な靭帯であり、立っている姿勢(立位姿勢)時がスウェイバック姿勢であると、弱化した股関節筋群の代わりに股関節を支持するものへと変化します。

まれに股関節周辺に違和感(つまり感)を訴える方もいらっしゃいますが、こちらもこのスウェイバック姿勢により股関節の位置が変位していることが原因と考えられます。

今回は、この「スウェイバック姿勢」により変位した、股関節~骨盤の関係を矯正するストレッチポールエクササイズをご紹介致します。

~膝ゆるめ運動~



まずは、ストレッチポールに仰向けで寝ます。

今回は膝を伸ばした状態で、バランスのとりやすいポジションを見つけましょう。
 



踵は床に設置したまま、膝を軽度曲げます。

 



膝の力を抜き、一気に脱力します。

※この際、脱力した振動が体幹部に伝わっていると効果的です。

こちらのエクササイズは、脱力した際の振動を用い、前方に変位し固定されている股関節の状態を緩めるためのエクササイズです。

「振動」を股関節に伝えることがポイントになるエクササイズですので、なるべくリラックスできる環境であったり、呼吸をゆっくり行いながら身体を脱力させることがポイントになります。

駅のホームであったり、電車内で立ちながら乗車をしていると、かなりの方がスウェイバック姿勢をとっています。結果として猫背の方もとても多いので、よく観察してみてください。

こちらの姿勢に心当たりのある方は、ぜひこのエクササイズを実践してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」

檜森雄太

店舗紹介

神楽坂店 more

〒162-0825 
東京都新宿区神楽坂2-12 エンドウビル1F
TEL:03-6228-1946

表参道店 more

〒150-0001 
東京都渋谷区神宮前5-3-16カサデルレイ表参道E棟
TEL:03-6427-9974

横浜店 more

〒221-0834 
神奈川県横浜市神奈川区台町7-11ロンタンハウス1F
TEL:045-298-6380
取材問い合わせ