猫背の悪影響

投稿日時:2017/04/07(金) 15:39

前回、ぽっこりお腹猫背を矯正する為には、腹筋をつける必要がありますとご紹介しました。
 

その中でも、腹横筋(ふくおうきん)という、コア(インナーユニット)と呼ばれる筋肉の強化が重要です。

コアは、下半身と上半身を繋げる部分になります。

もし、コアが不安定な状態であれば、綺麗な姿勢を取らないですし、スポーツ動作では上手く力が伝達されず、パフォーマンスは低下してしまいます。

それだけでなく、怪我を負うリスクすら高めてしまうのです。

今回はコアを構成する筋肉を鍛えるエクササイズをご紹介します!



 

【目次】

・コアとは
・ぽっこりお腹猫背矯正エクササイズ




 

コアとは 


コアというのは、お腹の周りをぐるっと囲んでいる筋肉群を指します。

よく、コルセット筋として紹介される「腹横筋(ふくおうきん)」は、コアを構成する重要な筋肉の1つになります。

以下が、コア(インナーユニット)となります。
 
「腹横筋」
「横隔膜(おうかくまく)」
「骨盤底群」
「多裂筋(たれつきん)」
 

 
 

 

上記の図を見て頂くと、これらの4つの筋肉はお腹で四角形を作るのが分かるでしょうか?


これらの筋肉は身体の表層ではなく、深部に位置していています。


つまり、インナーマッスルと呼ばれる筋肉になります。
 

これら、コアは上半身と下半身を結び、背骨を安定させるのにとても重要な筋肉になります。


もし、コアが働かなければ、身体は安定せずお腹は内臓に押し出されてしまい、お腹が前にせり出してきてしまいます。
 

姿勢を綺麗に保つ為にもこのコア(インナーユニット)をエクササイズで働かせることが
 

ぽっこりお腹猫背の矯正にも繋がり、綺麗な姿勢を維持出来るようになります。




 

 

ぽっこりお腹猫背矯正のエクササイズ

 


 

■やり方

・体操座りをして、腿の裏側に両手を添えます

・背骨を1つ1つ動かしながら、上体をゆっくり倒していきます

・おヘソを奥へ仕舞い込むイメージを持ちます

・余裕がでてきたら、両手を前へ伸ばしたままで行いましょう
 

如何でしたか?

柔らかく、しなやかな動きをイメージして行うのがコツになります。

背骨が1つずつ動かない方は、インナーマッスルよりもアウターマッスルの方が働きやすいのかもしれません。

是非、チャレンジしてみて下さい!
 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
 


猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」
千野ひとみ

---------------------------------------------------------------------------------------------

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」トップに戻る

店舗紹介

神楽坂店 more

〒162-0825 
東京都新宿区神楽坂2-12 エンドウビル1F
TEL:03-6228-1946

表参道店 more

〒150-0001 
東京都渋谷区神宮前5-3-16カサデルレイ表参道E棟
TEL:03-6427-9974

横浜店 more

〒221-0834 
神奈川県横浜市神奈川区台町7-11ロンタンハウス1F
TEL:045-298-6380
取材問い合わせ