猫背とトレーニング⑤~広背筋~

投稿日時:2017/04/21(金) 16:24

 
猫背の方の3大お悩みというと、

 

1、背中の丸まり
2、肩の内巻き
3、頭が前に出ている
 

上記の3つが多く上がっています。
 

今回はその中の「肩の内巻き」について解説していきます。
 

以前の記事で、肩を内巻きに持っていってしまう筋肉として胸の筋肉をあげました。
 

「大胸筋(だいきょうきん)」という筋肉です。
 

今回ご紹介する肩の内巻きを引き起こしてしまう筋肉は、「広背筋(こうはいきん)」という筋肉です。
 

こちらです。

 



 

背筋と名前がつくので、背中の筋肉だと予想がつきますが、主に腕を動かす時に働きます。

腕を後ろに引いたり、内側に捻る動きをします。

筋肉の付着を見ると分かるのですが、背骨(下位6つの胸椎の棘突起・腰椎)、正中仙骨稜(せいちゅうせんこつりょう)・腸骨稜(ちょうこつりょう)から起こり、腕の骨の小結節稜(しょうけっせつりょう)に付着します。

昔、体育の授業などで、上体反らしをした方がいるかもしれませんが、
この筋肉をみているわけではありません。




 

広背筋を鍛えるトレーニング

 

この広背筋を鍛える代表的なトレーニングは、こちらです。
 

 
 

上の図のラットプルダウンというエクササイズや
 

下の図のような懸垂(チンニング)があります。

 



 

腕を引く動作に鍛えられます。
 

上記のような広背筋を鍛えるトレーニングをして、
広背筋が短縮してしまうと、肩の内巻きに繋がってしまいます。

また同時に、リブフレアといい、肋骨が飛び出して上半身を反らすような姿勢になってしまいます。
 

このトレーニングが決して悪いわけではないですが、
やり方を間違えてしまうと、猫背姿勢になりかねません。
 

トレーニングをされる時も、フォームやその後のストレッチなどを行って、
猫背にならないように気をつけましょう。
 

次回は「広背筋」のストレッチのエクササイズをご紹介します。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」

横山佳奈



ーーーーーーーーーーーーーーーーー

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」トップへ戻る

 
店舗紹介

神楽坂店 more

〒162-0825 
東京都新宿区神楽坂2-12 エンドウビル1F
TEL:03-6228-1946

表参道店 more

〒150-0001 
東京都渋谷区神宮前5-3-16カサデルレイ表参道E棟
TEL:03-6427-9974

横浜店 more

〒221-0834 
神奈川県横浜市神奈川区台町7-11ロンタンハウス1F
TEL:045-298-6380
取材問い合わせ