仙腸関節痛と猫背の関係

投稿日時:2018/08/23(木) 20:46



仙腸関節痛とは、一言で言うと腰痛の一種になります。
では、なぜこの部分に痛みが発生するのでしょうか?


 

目次


・仙腸関節とは?
・仙腸関節痛とは?
・猫背と仙腸関節痛について
・仙腸関節の予防法&改善エクササイズ



仙腸関節とは?


仙腸関節は、骨盤の部分にある関節です。
骨盤は大きく分けて3つの骨が合わさって骨盤を構成しています。

構成している骨というのは、寛骨・仙骨・尾骨です。

その中でも、寛骨という骨を細かく見ると、この骨も3つの骨の名前があります。
それは、「腸骨」「坐骨」「「恥骨」です。

仙腸関節は名前の通り、仙骨と腸骨でできた関節なので「仙腸関節」です。












ここで少しだけ仙腸関節の特徴をお伝えします。

人間には、200以上の骨があり、約260個の関節があると言われています。
関節には、主に3面の動きがあり、それぞれ「矢状面」「前額面」「水平面」があります。

矢状面は主に前後運動、前額面は主に横運動、水平面は主に体をねじる運動になります。
本来、関節は上記の動きを複合的に行い動かしています。


ですが、仙腸関節は上記の動きをほとんど行わず、動く幅が狭い関節と言われています。

 

仙腸関節痛とは


仙腸関節に痛みが出る原因は様々ですが、基本的に姿勢が関係しています。

先ほど、仙腸関節の構成をお伝えしていきました。

仙骨と腸骨、この2つの骨がなんの歪みもなく綺麗に整っていたら痛みは発症しにくいですが、なんらかの原因でこの合わさっている関節部分に「離開」と言って、関節同士が離れ隙間が開いてしまう現象が起こると、仙腸関節痛が起こります。

それでは、ここから本題ですね。

なぜ、「離開」が起こってしまうのでしょうか?

それは、仙骨と腸骨で歪みができてしまうからです。

腸骨に対して、仙骨は真っ直ぐに位置していますが、これがもし仙骨の上の部分が左側に傾斜してしまうと(尾骨が右に寄ってしまうとも言いますが)仙骨の向きは真っ直ぐではなくなりますよね。

そうなると、右の上の部分が腸骨と離れてしまい隙間が開いてしまいます。

これが「離開」です。


 

猫背と仙腸関節痛について


猫背と仙腸関節がどう関係しているのか。

仙腸関節と腸骨で歪む原因は、骨盤周りの筋肉にあります。

特に、お尻周りの筋肉が関与してきます。
(以下臀筋群と称します)

臀筋群は、仙骨に付着を保つため片方の筋肉が短くなり、もう片方の筋肉が伸びるとこれで仙骨の歪みが出来上がります。

例えば、右側の筋肉が短くなると仙骨を右側に引っ張るので左と右とでは筋肉の長さが異なってしまいます。
そうなると、仙骨は歪み仙腸関節痛を発症します。

この臀筋群の左右差が引き起こる原因は様々ですが、日常で考えると「足を組む」という行為です。

この行為は、骨盤の歪みを起こし、さらに仙骨の歪みも生じてしまうのです。

足を組んでしまう原因は、そもそも骨盤が安定しないため足を組んでしまうので、足を組まないように骨盤を安定させ、骨盤の歪みを発生させないようにしましょう!


 

仙腸関節痛予防&実践エクササイズ

 

今回は、骨盤を安定させるエクササイズを紹介します。

【デッドバグ】目的:腹筋の強化・骨盤の安定
・仰向けで寝て、腰の隙間を手のひら一枚分だけ開け、両足を上げます
・息を細く長く吐いて、肋骨を下げ、腹筋の緊張を感じます
・手足を対角に5回ずつ伸ばします





【ヒップリフト】目的:骨盤の安定
・仰向けになり両膝を90°くらいに曲げ、ニュートラルポジションを創ります。
・足の裏(かかと・親指の付け根・小指の付け根)の3箇所で床を押しながら、お尻側からゆっくりと上体を持ち上げていきます。
・肋骨はしっかりと締めたまま、床から背骨のシールをゆっくり剥ぐように、背骨11つを意識しながら、お尻を持ち上げます。





上記のエクササイズを実施し、骨盤を安定させ、歪みを予防しましょう!


最後までお読み頂き、ありがとうございました!
 

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」
横山佳奈
 



 
店舗紹介

神楽坂店 more

〒162-0825 
東京都新宿区神楽坂2-12 エンドウビル1F
TEL:03-6228-1946

表参道店 more

〒150-0001 
東京都渋谷区神宮前5-3-16カサデルレイ表参道E棟
TEL:03-6427-9974

横浜店 more

〒221-0834 
神奈川県横浜市神奈川区台町7-11ロンタンハウス1F
TEL:045-298-6380
取材問い合わせ