• トップ
  • ブログトップ
  • 猫背矯正と腰痛の改善~股関節の動きが猫背、姿勢の矯正や腰痛改善に重要?~

猫背矯正と腰痛の改善~股関節の動きが猫背、姿勢の矯正や腰痛改善に重要?~

投稿日時:2018/09/14(金) 21:15


「股関節が硬い」、という声はよく聞きますが、なぜ股関節が柔らかい必要があるのでしょうか?

また、股関節が硬いといっても、前屈ができないので硬いと言っているのか、はたまた開脚ができなくて言っているのか。

確かに、どちらの柔軟性も必要になりますが、それよりも更に重要な股関節の動きがあります。

この動きが出ない方は、基本的に正しく歩けているとは言えません。

そのまま歩き続けることによって猫背になり、同時に腰も痛めてしまう、といったことに…

普段から行う「歩く」という動きの改善を行い、猫背を矯正しながら腰痛を改善・予防していきましょう。


目次

・股関節の構造
・股関節に必要な動き
・股関節の動きを制限するもの
・股関節の動き、腰痛改善エクササイズ
・まとめ




1.股関節の構造



それでは、人間が歩いたり走るといった日常生活で重要な股関節の構造について見ていきましょう。

股関節は、骨盤と言われる姿勢の土台になっている部分と、脚を動かす主体の大腿骨(だいたいこつ)と言われる脚の骨から構成される関節です。



大腿骨の先端部分は丸くなっていて、寛骨臼(かんこつきゅう)と言われる骨盤の穴の中に入り込んでいます。

この穴の部分は深く、靱帯などもたくさんついていますので、人間の体にある関節の中でも特に安定している関節と言われています。

反対に肩の関節は非常に不安定ですが、たくさん動かすことができますので、脱臼などを起こしやすい関節でもあります。

さて、この股関節には、関節や動きを安定させるためのセンサー(固有受容器:こゆうじゅようき)がたくさんあり、股関節を回したりする運動(回旋といいます)によって働きます。

つまり、股関節をたくさん回して動かすことによって、関節そのものは安定してくるのです。



 

股関節に必要な動き




さて、その股関節ですが、様々な方向に動くことのできる関節となっています。

例えば、上記の様に回す回旋という動き。

内側に回すことを内旋。





外側に回すことを外旋と言います。




「腰を回せ」という言葉を部活中に効いたことのある方も多いのではないでしょうか?

正確には、腰を回せではなく「股関節を回せ」になります。

股関節の内旋、外旋という動きができない分だけ、腰が過剰に回って腰痛の原因となるのです。

蹴り出したり前に曲げたりする動きも非常に重要ですが、回旋の動きが出ない人が非常に多く、腰痛の引き金になっていますので、動きから覚えてみてください。

特に、内旋と言われる内側に回す動きは、綺麗な姿勢を保つ上でも、歩いたりするときに腰にストレスをかけないためにも重要となります。


 

股関節の動きを制限するもの



股関節の動きで出にくくなっているのが、上記の内旋という動きになります。

この内旋の動きを制限する筋肉が「大殿筋」と言われるお尻の筋肉になります。



大殿筋が硬くなることによって、腰を頑張って回しながら歩くことになります。

この大殿筋、お仕事上座っている時間が長い方程、硬くなってしまいます。

座っている時点で骨盤は後傾しようとします。(もちろん、その限りではありませんが)

骨盤を後傾して座っていることによって、大殿筋はずっと頑張って力を入れたままになっているのです。

30分に1回立ったり、骨盤を動かすという習慣を行うだけで少しは緩和されるかもしれません。

綺麗な姿勢を取るだけでなく、腰への負担を減らして腰痛を改善するためにも、普段のお仕事では頻繁に立ったり骨盤を動かすようにしてみてください。


 

股関節の動き、腰痛改善エクササイズ



それでは、股関節の動きを改善して、腰への負担を減らしていくエクササイズをお伝えしていきます。

【エクササイズ】
ロッキングチェア

【目的】
お尻の筋肉を伸ばして股関節の内旋の動きを出す→猫背の矯正、腰痛の改善

【動画】
https://www.youtube.com/watch?v=ZbcAPXDwhag

【やり方】
①四つ這いになり、骨盤が地面と平行近くになるようにします(骨盤のニュートラル)
②骨盤を①の状態のままでお尻を踵に向けて近づけていきます
③下がれる範囲で下げ、お尻を左右に回すようにして動かします(股関節内旋の動きになります)
④5回ほど繰り返して元の姿勢に戻ります
⑤3セット程行いましょう


 

まとめ



股関節の動きが猫背の矯正にも、腰痛の改善にもつながります。

特に、ずっとデスクワークが続いていらっしゃる方は、お尻の筋肉が硬くなることによって股関節の動きが出にくくなっているかもしれません。

エクササイズのみではなく、普段の生活スタイルから変えていけると、姿勢も腰痛も改善スピードは格段に上がります。

是非とも実践してみてくださいませ。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

猫背改善専門スタジオきゃっとばっく
内田菜大

 
店舗紹介

神楽坂店 more

〒162-0825 
東京都新宿区神楽坂2-12 エンドウビル1F
TEL:03-6228-1946

表参道店 more

〒150-0001 
東京都渋谷区神宮前5-3-16カサデルレイ表参道E棟
TEL:03-6427-9974

横浜店 more

〒221-0834 
神奈川県横浜市神奈川区台町7-11ロンタンハウス1F
TEL:045-298-6380
取材問い合わせ