猫背と肩のインピンジメント症候群の関係性

投稿日時:2018/12/29(土) 12:46

今回は猫背とインピンジメンと症候群についてお伝えしていきます。
 

初めにインピンジメント症候群とは、骨と骨の間に筋肉や靭帯などが挟み込まれ痛みが出る症状のことを言います。
 

今回は、特に起こりやすい肩のインピンジメント症候群についてお伝えします。



 

目次

・肩関節とは?
・猫背と肩のインピンジメント症候群の関係性
・猫背改善エクササイズ
 

 

肩関節とは?

 

肩関節とは、ざっくり分けると2つの関節に分かれています。
 

1つは、肩甲上腕関節
もう1つは、肩甲胸郭関節
 

です。
 

1つ目の、肩甲上腕関節は、皆さんがイメージしている肩の関節を指します。
 


上腕骨(じょうわんこつ)と肩甲骨(けんこうこつ)で構成され、肩の動きをスムーズにするためには、この2つの骨がうまく動かないといけません。
 

そしてもう1つの関節、肩甲胸郭関節は、肩甲骨と胸郭(きょうかく)で構成されています。
 




肩を動かすにあたり、肩甲骨が肩の動きに伴って動く必要があります。
 

肩の関節とは?と聞かれたら、この2つの関節を思い浮かべてくださいね!


 

猫背と肩のインピジメント症候群の関係性

 

では、次は猫背と肩のインピンジメント症候群の関係性についてです。
 

一般的に猫背とは、このような姿勢をイメージするかと思います。
 



 

猫背になると、骨のポジションが悪くなってしまい、腕をあげる動作がスムーズにいかなくなってしまいます。
 



腕をあげる動作では、肩甲上腕関節と肩甲胸郭関節、2つの関節が理想的に動いてくれることで、腕がスムーズにあげることができます。
ただし前提として、骨が本来の位置にあることが条件です。
 


猫背になり、1つの骨の位置が異なってしまうと、連鎖反応が起こり、他の骨にも悪影響が及びます。
 

上記のような姿勢になると、上腕骨や肩甲骨や胸郭の位置が悪くなってしまい、腕を上げようとしてもうまく上がりません。
無理やり腕をあげてしまうと、筋肉や靭帯を骨と骨同士で挟みこみ、痛みを生じます。
 

これが猫背と肩のインピンジメント症候群の関係性です。
 

実際にきゃっとばっくに来られるお客様で、猫背を改善したことで肩の痛みがなくなったという方もいらっしゃいます。
 

そこで猫背改善にオススメのエクササイズをいくつかご紹介します。
今から紹介するエクササイズは、肩の痛み改善にもつながるので、ぜひ痛みを抱えている方がいましたら、実践してみてください!

 
 

猫背改善エクササイズ














最後までお読みいただき、ありがとうございました
 

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」
横山佳奈
 


店舗紹介

神楽坂店 more

〒162-0825 
東京都新宿区神楽坂2-12 エンドウビル1F
TEL:03-6228-1946

表参道店 more

〒150-0001 
東京都渋谷区神宮前5-3-16カサデルレイ表参道E棟
TEL:03-6427-9974

横浜店 more

〒221-0834 
神奈川県横浜市神奈川区台町7-11ロンタンハウス1F
TEL:045-298-6380
取材問い合わせ