猫背の治し方⑦~理想的な呼吸をマスターしよう!part3 口呼吸VS鼻呼吸~

投稿日時:2019/02/27(水) 12:04

猫背の治し方⑦の今回も呼吸についてです。

part1,part2では「呼吸について」や「肋骨の動き、横隔膜の動きについて」をご紹介しました。
part3では、口呼吸と鼻呼吸についてご紹介します。

目次
・口呼吸のデメリット
・鼻呼吸のメリット

 

口呼吸のデメリット


呼吸の際にもっとも重要になるポイントは「鼻呼吸」が出来ているかどうかです。
「口呼吸は良くない!」と聞いたことがあるかと思いますが、実際にどのように体にとって悪影響なのかをあげていきましょう。

1、虫歯、口臭などの原因になる
 口呼吸を行うと、口腔内が乾燥し、唾液の量が減ってしまうので、口の中が酸性に傾きます。それによって、虫歯や歯周病、口臭の原因となってしまいます。

2、免疫力の低下
鼻呼吸をすると鼻毛により空気中のゴミやウイルスを体内に侵入させないように防いでくれます。
口呼吸ではそのような濾過作用がないため、ダイレクトに体内に侵入してしまいます。

3、姿勢が悪くなる
口が開くと、顎が後ろに下がってしまいます。そうすると、気道が塞がるため、息をしやすいように無意識に頭を前に出してしまいます。猫背姿勢の原因にもなります。

4、睡眠の質が悪くなる
口が開くことで舌が落ちてしまい、気道を塞ぎます。いびきや睡眠時の無呼吸などで寝ているのに疲れが取れない状態になります。

5、呼吸の量が増える

口呼吸をすると鼻呼吸よりも一気に空気が体の中に取り込まれます。そうすると、酸素の量が増え過ぎてしまう為、血液中の酸素と二酸化炭素の量のバランスが悪くなってしまいます。
血液中での酸素の交換が行われないので、空気は吸っているけれど、血液中は酸素不足になってしまいます。すると呼吸の量でカバーしますが、口呼吸を繰り返す為、バランスは悪いままです。


このように、口呼吸はデメリットばかりです。

では、鼻呼吸のメリットはどのようなものがあるのか確認していきましょう。


 

鼻呼吸のメリット


鼻呼吸のメリットはざっくりと口呼吸の逆となります。

1、免疫力が強化される
鼻呼吸をすることにより、外気中にあるゴミやウイルスが体内に侵入するのを防いでくれます。

2、体温が上がり、血の巡りが改善される
鼻腔からは一酸化窒素が分泌されています。
一酸化窒素は血管の拡張作用や体温上昇などの効果を期待できます。鼻呼吸をすることで肺と血管にまで行き渡ります。

3、姿勢が良くなる
口呼吸のデメリットで説明しましたが、口が開くと頭が前に出てしまいます。
口を閉じ、鼻呼吸ができると頭を前に出して気道を確保する必要がありません。また舌が上顎につくことで頭を支えることができ、安定します。


4、体内環境が良くなる
空気を取り入れる時、鼻呼吸は口呼吸に比べると約50%抵抗が発生します。
すると、余分な量の酸素を取り入れることがなくなり、酸素と二酸化炭素のバランスが良くなります。バランスが良くなることで、血液中での酸素の交換もしっかりと行えるようになります。

5、日常生活のパフォーマンスがあがる
2番目や4番目のメリットの相乗効果により、脳と体が活動しやすくなります。集中力が高まる、姿勢が良くなる、痛みが改善されるなどの効果が期待でき、日常生活のパフォーマンスがあがります。


上記のように鼻呼吸をすることで、多くのメリットがあります。


呼吸の改善には鼻呼吸は必須のポイントになりますので、周りに口を開けて呼吸をしている人がいたら、「口開いてるよ!」と注意してあげてください。

呼吸が改善されれば、姿勢も良くなりますので猫背姿勢の改善にも鼻呼吸は必須です!

猫背改善の為にも「鼻呼吸」を心がけましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。

 
店舗紹介

神楽坂店 more

〒162-0825 
東京都新宿区神楽坂2-12 エンドウビル1F
TEL:03-6228-1946

表参道店 more

〒150-0001 
東京都渋谷区神宮前5-3-16カサデルレイ表参道E棟
TEL:03-6427-9974

横浜店 more

〒221-0834 
神奈川県横浜市神奈川区台町7-11ロンタンハウス1F
TEL:045-298-6380
取材問い合わせ