猫背矯正ストレッチポールエクササイズ~お尻のストレッチ~

投稿日時:2019/02/28(木) 14:08

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

 

いつも記事をご覧くださりありがとうございます。

 

 

前回は、猫背改善における体幹のエクササイズをご紹介いたしました。

前回の記事はこちら

カールアップ

 

 

 

今回は猫背が原因となって起こりやすい、股関節の可動域を高めるエクササイズをご紹介いたします。

 

 

 


 

 
 

目次

・猫背は股関節の動きを奪う?

・オールフォーストレッチ

・エクササイズの注意点

・まとめ

 

 

 


 

 
 

 

猫背は股関節の動きを奪う?


 

さて、いきなりですが以前よりも股関節周りが硬くなったな~という実感はありますか?

 

 

昔運動していた頃は足腰を鍛えていたのに、今は動きづらくなっている・・・・・という方は多いかもしれませんね。

 

 

ライフスタイルの変化に伴って、やはり猫背になりやすい機会が非常に多くなっています。

 

 

実は、そのような場合に股関節周りも一緒に硬くなってしまいます。

 

 

まずは、一般的に多い姿勢をご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

このように、骨盤が前にスライドし、腰が過剰に沿ってしまっている方が非常に多いのですが、この時に骨盤周りに起こっていることが、股関節の可動域を低下させてしまいます。

 

 

このような腰が沿った状態になると、骨盤が前傾します。

 

 

骨盤の前傾は、腰が沿ってしまうような姿勢です。

 

 

これに伴って、お尻の筋肉が短く緊張してしまうのです。

 

 

お尻の筋肉の緊張は、股関節の運動を阻害するだけでなく、股関節の前面に痛みを生じさせたり、脚の前側に過剰に負荷がかかり、筋肉を肥大させてしまったりします。


要は脚が太くなる原因になったりもします。


 

 

また、スポーツを行う際には股関節の可動性が非常に重要になります。

 

 

 
 

多くのスポーツの場合は、股関節がたくさん動くことで、より効率的に動いたり、ダイナミックに瞬発的な動作を行ったりすることができます。

 

 

 

股関節の可動性が低下すると、そういったパフォーマンスを阻害するだけでなく、腰や膝などにも負担をかけてしまうため、なるべく可動性の高い状態を保っておきたいところです。

 

 

 

今回は、そんなお尻の筋肉の緊張をとり、股関節の可動性を高めるエクササイズをご紹介していきます。



 

 

オールフォーストレッチ

 

 

 

片方のお尻をストレッチポールに乗せ、体を反対に倒し、体勢を低くします。

 

 

 

 

お尻側の反対に倒し、手を伸ばすとよりストレッチされます。

 

 

 

エクササイズの注意点

 

 

膝が捻れる状態になるため、怪我のある方は十分に注意して行いましょう。

 

 

痛みのある場合は無理のないように、実施を控えるなどしましょう。

 


 

 

まとめ

 

 

 

いかがでしたでしょうか?


 

現代は股関節周りまで固まっている方が非常に多いです。
 

 

昔よりも動きが鈍くなっていると感じる方は、ぜひ実践してみてください!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」

檜森雄太

 

 

店舗紹介

神楽坂店 more

〒162-0825 
東京都新宿区神楽坂2-12 エンドウビル1F
TEL:03-6228-1946

表参道店 more

〒150-0001 
東京都渋谷区神宮前5-3-16カサデルレイ表参道E棟
TEL:03-6427-9974

横浜店 more

〒221-0834 
神奈川県横浜市神奈川区台町7-11ロンタンハウス1F
TEL:045-298-6380
取材問い合わせ