猫背姿勢と腰痛~カールアップwithミニボール~

投稿日時:2019/02/28(木) 16:45

こんにちは!
猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」です。

この記事では、猫背を矯正するエクササイズをご紹介いたします。

今回ご紹介するのは、カールアップwithミニボールです。

 

目次

・猫背姿勢と腰痛
・カールアップwithミニボールのやり方


猫背姿勢と腰痛

腰痛の原因は多岐に渡りますが、猫背姿勢が腰痛につながることもあります。

まずは猫背と腰痛の関係からみていきましょう。

そもそも、猫背を矯正するためには、腰の反り過ぎを改善する必要があります。

背骨には生理的弯曲といって、背骨の部位によって丸まったり反ったりしている弯曲があります。

具体的には、以下のような弯曲です。
・頚椎(首):前弯(反り)
・胸椎(胸):後弯(丸まり)
・腰椎(腰):前弯(反り)

以上のように反ったり、丸まったり、反ったり、という形になることで、衝撃の吸収などに優れた構造をしています。

腰の部分に関しては少し反っているのが正常ではあるのですが、過剰に反ってしまっている方が非常に多くいらっしゃいます。

原因は一つには絞れませんが、
「良い姿勢=胸を張って背中を反らせる」
という認識を持っていらっしゃる方も多いようです。

確かに「魅せる」という観点では、胸を張って背中を反らせた方が、キレイに見えるかもしれませんね。
モデルさんが歩いているシーンを想像して頂けると分かりやすいかもしれません。

ところが、胸を張って背中を反らせた姿勢というのは、本来よりも筋肉を過剰に使っています。

また、多くの方は肋骨が開き、腹筋の機能が低下した状態で姿勢を支えたり、動いたりしています。
そうすると、当然ながら腰への負担は大きくなり、慢性的な腰痛につながったりもします。

上記のように力学的なストレスが増加することで腰痛につながるだけでなく、カラダの過緊張状態が続くことも腰痛につながります。

そのため、まずは腰部の緊張を弛めていくことが大切です。

カールアップwithミニボールのやり方

①ミニボールを膝に挟み、股関節と膝が90度になるようにして両脚を浮かせます。
※ミニボールがなければ、バスタオルを丸めた物でもOKです。
②手は頭の後ろに軽く添えましょう。
③頭の方から背骨を一つ一つ順番に上げていきます。
③動画ほど高く上がらなくてもOKです。
④しっかりと息を吐き切ったら元に戻りましょう。
⑤5回~10回×1~2セットが目安です。

~実施のポイント~
・肩甲骨が離れるくらいまで起き上がればOKです。
・お腹をできるだけ薄くするようにして行いましょう。

猫背を矯正して、腰への負担を軽減していきましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」
中北貴之
店舗紹介

神楽坂店 more

〒162-0825 
東京都新宿区神楽坂2-12 エンドウビル1F
TEL:03-6228-1946

表参道店 more

〒150-0001 
東京都渋谷区神宮前5-3-16カサデルレイ表参道E棟
TEL:03-6427-9974

横浜店 more

〒221-0834 
神奈川県横浜市神奈川区台町7-11ロンタンハウス1F
TEL:045-298-6380
取材問い合わせ