肩甲骨を安定させて猫背矯正~きゃっとばっくハンドアップ

投稿日時:2019/02/28(木) 19:36

こんにちは!
猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」です。

この記事では、猫背を矯正するエクササイズをご紹介いたします。

今回は「きゃっとばっくハンドアップ」をご紹介いたします。

目次
・猫背矯正に必要な肩甲骨の安定性
・きゃっとばっくハンドアップのやり方

猫背矯正に必要な肩甲骨の安定性


肩甲骨には頭や首を支える筋肉が付着していますので、肩甲骨の位置が崩れると頭の位置も崩れ、猫背になります。

そのため、猫背を矯正するためには肩甲骨の位置を矯正する必要があります。

そして、肩甲骨は肋骨に張り付くような構造をしているため、肩甲骨の位置を矯正するためには肋骨の位置を矯正する必要があります。

さらに、肋骨は胸椎(胸の部分の背骨)に付着していますので、肋骨の位置を矯正するためには胸椎の位置を矯正する必要があります。

さらにさらに、胸椎は腰椎(腰の部分の背骨)の上にありますので、胸椎の位置を矯正するためには腰椎の位置を矯正する必要があります。

もうこの辺にしておきましょう(笑)
ちょっと絵本っぽい展開でしたね。

本題に戻ります。
腰椎の位置が崩れると、つながりつながって肩甲骨の位置も崩れます。

そのため、肩甲骨位置の矯正のためには、まず腰椎や骨盤の安定性の改善が大切です。

他の記事でもご紹介していますが、背骨の構造について確認していきましょう。
背骨には生理的弯曲といって、背骨の部位によって丸まったり反ったりしている弯曲があります。

具体的には、以下のような弯曲です。
・頚椎(首):前弯(反り)
・胸椎(胸):後弯(丸まり)
・腰椎(腰):前弯(反り)

以上のように反ったり、丸まったり、反ったり、という形になることで、衝撃の吸収などに優れた構造をしています。

腰の部分に関しては少し反っているのが正常ではあるのですが、過剰に反ってしまっている方が非常に多くいらっしゃいます。

腰椎や骨盤を安定させるエクササイズは、他の記事をご参照頂ければと思います。

今回は、それらを行ったうえでのエクササイズのご紹介になります。

きゃっとばっくハンドアップのやり方

①四つ這いになり、背中を丸めます。
②背中を丸めたまま、腕の方に体重を乗せます。
③左半身に体重を乗せたら、右手を2cm程浮かせます。
④2回呼吸をしたら右手を着き、同様に右半身に体重を乗せていきます。
⑤左右交互に3~5セット繰り返しましょう。




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」
中北貴之
店舗紹介

神楽坂店 more

〒162-0825 
東京都新宿区神楽坂2-12 エンドウビル1F
TEL:03-6228-1946

表参道店 more

〒150-0001 
東京都渋谷区神宮前5-3-16カサデルレイ表参道E棟
TEL:03-6427-9974

横浜店 more

〒221-0834 
神奈川県横浜市神奈川区台町7-11ロンタンハウス1F
TEL:045-298-6380
取材問い合わせ