運動は最強の脳トレである 第3回

投稿日時:2019/02/26(火) 10:41

皆さん、こんにちは!

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」です。

 

前回のお話は、運動は脳を鍛えるのに最強です、神経伝達物質が適正化したり、BDNFが増えたりすることで脳機能が高まりますよというお話でした。

 

本日は、それならどれくらい運動すればええのさ?という問いにお答えいたします。(この記事は4分で読めます)



 

目次

・BDNFとは
・どんな運動を行えばいいの
・まとめ


 

BDNFとは



 

本題に入る前に、前回ちらっとお話したBDNFについて簡単にお伝えします。
 

BDNFは脳神経由来栄養因子と呼ばれるタンパク質で、海馬領域に特に多く存在しております。

そのため、記憶や学習に深く関係があります。


 

2007年ドイツの研究では、運動前より運動後のほうが20%速く単語が覚えられ、BDNFと学習効率に相関関があることが分かりました。(長期記憶にも深く関わっています)

 

BDNFを増やすこと自体が、脳の機能を強化し成長させると言っても過言ではないのですね~。

では!

BDNFを増やすための運動はどんなのがいいの?といいますと以下のポイントになります。



 

どんな運動を行えばいいの?


 

①有酸素運動
 

1回30分、週に2~3回ジョギングする

ジョギングなので、やや苦しいかな~程度の運動ですね。



 


②HIIT

 

High Intensity Interval Trainingと呼ばれるもので、いわゆるインターバルトレーニングです。

 

例えば、タバタプロトコルという有名なトレーニングがありますが


 

20秒猛ダッシュ!10秒休憩

20秒スーパーダッシュ!10秒休憩

20秒超ダッシュ!、10秒休憩

20秒極限ダッシュ!、10秒休憩

………といった感じで20秒ダッシュ&10休憩など8回行うものです。

 

ただ、HIITの効果はかなり優れものなので、それだけの見返りはあります。


 

③複雑性のある運動
 

複雑性のある運動は、小脳という部分のBDNFを増やします。

 

小脳は、サイズは小さい割に脳ぜんたのエネルギーを食うほど(&脳神経細胞がめちゃくちゃ多い)重要な部分です。

複雑な運動なので、きゃっとばっくでやっているような運動はおすすめですね!


 

④やる気


やる気が必要です。(笑)

やらされ運動では効果がないということが分かっておりますので、やりたくてしょうがないぜ!くらいの気持ちが必要であります。モチベーションって大事です。


 

⑤太陽
 

BDNFの産生にビタミンDが必要ということが分かっております

太陽を浴びない人が色々と体に問題が出ることも言われて久しいところです。

紫外線に気をつけながら太陽をたくさん浴びましょう!




 

まとめ



 

いかがでしたでしょうか?

脳のために上記のポイントをできるだけ生活に取り入れていきたいですね。


 

ちなみに、

・会社が提供する運動プログラムに参加している社員の病欠数が、そうでない社員よりも80%少なかった。(ノーザン・ガス社)

・社内フィットネスプログラムに参加している社員の保険請求額は、そうでない社員よりも平均500ドル少なかった。(コカ・コーラ社)
 

というデータもありますので、企業の業績UPにもつながるかもですね。

 

ご参考くださいませ。

 

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」

店舗紹介

神楽坂店 more

〒162-0825 
東京都新宿区神楽坂2-12 エンドウビル1F
TEL:03-6228-1946

表参道店 more

〒150-0001 
東京都渋谷区神宮前5-3-16カサデルレイ表参道E棟
TEL:03-6427-9974

横浜店 more

〒221-0834 
神奈川県横浜市神奈川区台町7-11ロンタンハウス1F
TEL:045-298-6380
取材問い合わせ