猫背の治し方⑧~理想的な呼吸をマスターしよう!番外編~

投稿日時:2019/03/06(水) 16:54

猫背の治し方⑧~理想的な呼吸をマスターしよう!番外編

前回は猫背の改善には「鼻呼吸」がとても大切ですよとご紹介しました。

今回は鼻呼吸と同じぐらい大切になる「舌の位置」についてご紹介していきます。

目次
・舌の位置ってどこにあるの?
・舌が落ちることでのデメリット

舌の位置ってどこにあるの?

普段の生活で舌の位置を意識したことは中々無いかと思います。

そもそも舌の位置ってどこにあるのが正しいのか習ったことが無い方も多いのではないでしょうか。

中にはテレビや雑誌などで知っている方もいらっしゃるかもしれません。

舌の位置は、口蓋に付いていることが理想的です。

口蓋とは、口の中の上の部分にあたります。

下からの図です。

口は閉じていても口蓋に舌が付いていなかったり、歯に当たっているのも良くありません。

自分の舌の位置がどこにあるかチェックしてみましょう。


舌が落ちていることでのデメリット

では、舌が口蓋に付いていないとどのような体への悪影響があるか確認していきましょう。

デメリット
その1:口蓋の形成不全が起きる可能性がある

舌が口蓋から離れた状態になると、支えられる力が無くなります。その為、口蓋の適正なアーチが形成されずに尖ってしまいます。
口蓋が尖ってしまうと、歯並びや噛み合わせが崩れたり、顔の歪みにも繋がる原因となります。

その2:呼吸機能の低下、睡眠の質の低下

前回の口呼吸でのデメリットにも繋がりますが、舌が落ちると気道が塞がれます。すると気道を確保するために頭を前に出して猫背姿勢になってしまいます。
また、寝ている時はより気道が塞がれてしまうため、いびきや無呼吸の原因となり酸素交換がうまく行えないので睡眠の質が低下してしまいます。

その3:首こり、肩こりなどが起きる

舌は口蓋に付いていることで安定します。
舌が安定することで、首や頭も安定します。舌が落ちていると頭が不安定になっていしまい、頭を安定させる為に首の筋肉は過剰に緊張します。すると肩こりの原因となってしまいます。

口は閉じていても口腔内で舌が落ちていると上記のような体への悪影響があります。

口呼吸をしていると舌は落ちているので一番良くない状態です。

日常生活の呼吸の状態をチェックして、口呼吸になっている方はぜひ鼻呼吸を心がけましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 
店舗紹介

神楽坂店 more

〒162-0825 
東京都新宿区神楽坂2-12 エンドウビル1F
TEL:03-6228-1946

表参道店 more

〒150-0001 
東京都渋谷区神宮前5-3-16カサデルレイ表参道E棟
TEL:03-6427-9974

横浜店 more

〒221-0834 
神奈川県横浜市神奈川区台町7-11ロンタンハウス1F
TEL:045-298-6380
取材問い合わせ