トレーニングの原理とは?

投稿日時:2019/04/12(金) 19:48

皆様

こんにちは。

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」横浜店の池田です。

今回の内容はトレーニングの原理・原則についてです。


一昔前ですと、「スポーツは根性だ!」と,かなり無茶な練習をする事もありましたが、今は科学的根拠をベースに運動指導を行なっている所の方が多いかと思います。


個人的には、いつの時代もスポーツにおいて根性は大事だと思いますが、それが原因で体を壊しては意味がありませんので、TPOを踏まえてというのが今流かもしれません(笑)


私も学生時代、「水分を取るな!」とコーチから指示を受け、炎天下の中ひたすら練習をしていた時期がありました。


プロボクサーを目指していたわけでもなく、ボディビルダーを目指していたわけでもないので、今だに解明できない謎です・・・


さて、トレーニングには3つの原理と5つの原則があります。


この原理原則は、普遍的なもので、運動をする上で押さえておきたい重要なポイントになります。


私たちスタッフも、皆さんにレッスンを行なう際に、この原理原則を念頭に考えています。

 
今回は、3つの原理についてご説明して行きます。



 

1、 過負荷(オーバーロード)の原理




私たちが日常生活で発揮しているよりも高い運動強度で行なわないと、体力は増加しない。


逆に言うと、日常生活より少し強度のあるエクササイズをすると、体力がついていきます。


「きゃっとばっく」でトレーナーが、だんだん負荷を上げていくのには、このような理由があったのです!


決して、皆さんの苦しむ顔が見たいわけではありませんよ(笑)



 

2、可逆性の原理




トレーニングによる身体機能の向上は、トレーニングを止めてしまうと、元のレベルに戻る。


こちらは、猫背改善にはとっても重要な考えですね。


一度綺麗になったから、一生猫背には戻らない!ということではく、やはり継続が必要です。


ただし、自動化された姿勢(意識しない状態)や動作は、かなり長持ちします。


大人になって久しぶりに自転車に乗ると、最初は「おぉー!」と、ちょっぴり怖いですが、5分10分乗っていると慣れてくるものです。


それと同じような感覚だと思って下さい!


調子に乗って、「昔はよくやったなぁ~」と手放し運転などすると痛い目にあうので気をつけて下さい!



 

3、 特異性の原理




トレーニングの効果は、トレーニングをしたようにしか高まらない


例えば、長距離を走ったからと言って、短距離走が早くなるわけでなく、短距離を速く走りたいなら、短距離走のトレーニングが必要になります。


猫背の改善には、猫背改善のエクササイズが必要ということですね


綺麗な姿勢を作るのに、大きな力は必要ありません。


なので、綺麗な姿勢を作るのに、ダンベルやバーベル、マシンを使った筋トレを行うのは、あまり効果的ではないという事ですね!


以上が3つの原理になります。あと5つトレーニングの原則がありますが、こちらはまたの機会にご紹介致します。



最後までお読み頂き、ありがとうございました。


猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」
池田倫大

 
店舗紹介

神楽坂店 more

〒162-0825 
東京都新宿区神楽坂2-12 エンドウビル1F
TEL:03-6228-1946

表参道店 more

〒150-0001 
東京都渋谷区神宮前5-3-16カサデルレイ表参道E棟
TEL:03-6427-9974

横浜店 more

〒221-0834 
神奈川県横浜市神奈川区台町7-11ロンタンハウス1F
TEL:045-298-6380
取材問い合わせ