90/90カールアップ

投稿日時:2019/04/16(火) 12:03

こんにちは!
猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」です。

この記事では、猫背を矯正するエクササイズをご紹介いたします。

今回は「90/90カールアップ」をご紹介いたします。

目次
・90/90のメリット~その1~
・90/90カールアップのやり方
 

90/90のメリット~その1~

90/90とは、エクササイズを行う際のポジションのことです。
具体的には、仰向けになった状態で股関節と膝関節が、それぞれ90度曲がっているポジションのことです。

このポジションのメリットは、腰椎(腰の背骨)が安定することで、コア(お腹や腰背部)を活性化しやすくなり、良い姿勢を維持しやすくなることです。
なぜ腰椎が安定するのか、というところから確認していきましょう。

コア(お腹・腰背部)を安定させる筋肉は数多くありますが、中でもコアの安定に重要な「インナーユニット」と呼ばれる4つの筋肉があります。

・横隔膜
・腹横筋
・多裂筋
・骨盤底筋群

これらの筋肉は単独で活動するのではなく、1つのユニットとして同時に活動することで、コアを安定させています。
そのため、どれか一つの筋肉が大切というより、全ての筋肉が大切になります。
その中でも横隔膜と多裂筋は腰椎に直接付着しており、腹横筋も胸腰筋膜を介して間接的に腰椎に付着します。

筋肉は骨と骨に付着しています。筋肉が力を発揮するためには、筋肉が付着しているどちらかの骨が固定点となる必要があります。
例えば、綱引きで全力を出すためには、対戦相手と力が拮抗していないと固定点がないので力を発揮できないですよね。
筋肉も同様に、固定点がないと力の発揮が弱くなります。

コアに話を戻すと、腰椎を安定させた状態にすることで、インナーユニットは力を発揮しやすくなります。
90/90のポジションでは、腰椎が床に触れるため安定しやすくなります。

最終的には腰椎が少し反った自然な状態でも力が出せるようになれると良いですが、まずは安定した状態で練習していくと効果的です。

それでは、「90/90カールアップ」のやり方をご紹介いたします。
 

90/90カールアップのやり方
 



①椅子に足を乗せて、関節が度のポジションを作ります

②かかとで椅子を軽く押し、骨盤を後傾、ももの力を感じます
③息を吐きながら、肩甲骨まで背中を丸めていきます
④アゴと胸で卵を一つ挟んでおくイメージでアゴを引きます
⑤10回×2セット行いましょう

コアのスイッチを入れて、猫背を矯正していきましょう!


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」
中北貴之
店舗紹介

神楽坂店 more

〒162-0825 
東京都新宿区神楽坂2-12 エンドウビル1F
TEL:03-6228-1946

表参道店 more

〒150-0001 
東京都渋谷区神宮前5-3-16カサデルレイ表参道E棟
TEL:03-6427-9974

横浜店 more

〒221-0834 
神奈川県横浜市神奈川区台町7-11ロンタンハウス1F
TEL:045-298-6380
取材問い合わせ