腰痛になると猫背になる!?痛みを予防しなければ猫背も防げない

投稿日時:2019/05/29(水) 17:01


猫背になると腰痛になる。

腰痛になると猫背になる。

どちらが正しいのでしょうか?

基本的に、姿勢は腰痛とは関係ないといわれておりますが、動きが悪いために猫背になり、動きや姿勢そのものを改善しなければ常に腰への負担がかかって腰痛になっている可能性は十分にあり得ます。

また、腰痛になっているせいで猫背になってしまう可能性もあります。

例えば、猫背が改善したおかげで腰痛も治ったが、その後重いものを持ち続けて再び腰痛が発症した、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

痛みが出るほど動きが制限されてしまい、その分だけ狭い範囲でしか体を動かすことが難しいため、猫背になってしまう可能性があります。

痛みと姿勢、どちらを先に改善するべきなのでしょうか?


痛みはすべてを変えてしまう
腰痛の出る動きはしない
腰痛を改善するためのエクササイズ
まとめ

 

痛みはすべてを変えてしまう



よく言われることがありまして、「痛みはすべてを変えてしまう」という言葉があります。

姿勢を改善するためにも、スポーツのパフォーマンスアップを目指すためにも、痛みは排除しておく必要性があります。

痛みがある状態でエクササイズやトレーニングを行ったところで体の適応は起きないのです。

例えば、良い姿勢を作るためには、仰向けや四つ這い、横向きやうつ伏せ、膝立ちや立った状態など様々な姿勢(肢位:しい、といいます)でのエクササイズが必要になります。

様々な肢位での運動を行うことで、運動や動くことのできるキャパシティ(容量)を増やすことができます。

運動の容量が増えることによって、様々な局面において良い姿勢を維持することがより簡単にできるようになってきます。

この運動の容量を増やすためには、「適度な緊張感と難易度」が必要になるのです。

しかし、痛みがある状態では体が常に過度な緊張状態になってしまいます。

つまり、体への適応が起こらなくなってしまうのです。

ですので、すでに腰痛になってしまっている方の場合には、その痛みを取り除かなければ猫背も良くならない可能性があります。

 

腰痛の出る動きはしない




では、そもそも腰痛がすでにある方が猫背を改善したい、となった場合にどうすればよいのでしょうか?

答えは「痛みが出る動きをやめる」ことにつきます。

例えば、野球をしているときに痛みが出てしまう、という方の場合には、まず野球をやめるという選択をする必要があります。

猫背を改善するためにスクワットを行っているが腰が痛くなる、といった場合には、スクワットをやめて別な動きで姿勢を改善する必要があります。

人によって、痛みが出る肢位や動きは全く違います。

まずは、どの動き、どんなシチュエーションで腰痛が出るのかをご自身で把握し、その動きや行動をやめることが、腰痛改善や猫背改善への最初の一歩になります。

痛みや姿勢を解決してから、野球などのスポーツに取り組んでいきましょう。

 

腰痛を改善するためのエクササイズ




今回はパターンごとに分けて考えていきましょう。

前屈(前にかがむ)と後屈(後ろへ反る)を行ってみてください。

前屈で痛みが出る方の場合、丸める動きで痛みが出る可能性があります。



もし、反って痛みが出ないのであれば、反る動きをたくさん行うことが必要になります。

反対に、後屈で痛みが出て前屈で痛みが出ない方の場合、反ることによって痛みが出る可能性があります。




よって、反対の丸めるような動きをたくさん行ってみましょう。


〇前屈時に腰痛が出る方への腰痛改善エクササイズ


【エクササイズ】
ダイアゴナルレイズ

【やり方】
①四つ這いになり、両手で地面を押して後頭部が落ちないように保持します。
②背骨が伸ばされている感覚を持ちながら、右手と左足を対角線上で伸ばしていきます。
③腹筋で支えたままで5秒ほどキープして四つ這いに戻ります。
④反対側も行い、各5回ずつ行いましょう。



〇後屈時に腰痛が出る方への腰痛改善エクササイズ


【エクササイズ】
ベリーリフト

【やり方】
①四つ這いになり、両手で地面を押して背中を丸めます。
②息を吐き切り、しっかりと腹筋を感じます。
③背中を丸めたままでゆっくりと5回呼吸を行います。
④元の四つ這いに戻り、3回ほど①~③を繰り返します。


※どんな姿勢を取っても痛みが出るような方の場合、まずは病院などの専門機関で検査を受け、運動することへの問題がないことを確認してから運動されることをオススメいたします。

 

まとめ

 



腰痛の原因は様々ですが、まずは腰痛が出るような動きを行わないことが一番大事なことになります。

痛みが出た時点で姿勢への影響も大きく出てしまいます。

まずは、しっかりと痛みの改善を行ってみましょう。


最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。
また次回もご期待くださいませ!

猫背改善専門スタジオきゃっとばっく
 

店舗紹介

神楽坂店 more

〒162-0825 
東京都新宿区神楽坂2-12 エンドウビル1F
TEL:03-6228-1946

表参道店 more

〒150-0001 
東京都渋谷区神宮前5-3-16カサデルレイ表参道E棟
TEL:03-6427-9974

横浜店 more

〒221-0834 
神奈川県横浜市神奈川区台町7-11ロンタンハウス1F
TEL:045-298-6380
取材問い合わせ