姿勢分析編②「未来の猫背を予測する」

投稿日時:2016/12/21(水) 19:06

前回は、猫背矯正する為の姿勢分析方法をご紹介致しました。

今回も、姿勢分析器を用いた、姿勢分析方法をご紹介します。
 



 

姿勢分析機で、5年後の猫背の進行度を予測


猫背になると、筋肉のバランスが崩れ、その筋肉のバランスの崩れがさらに猫背を悪化させます。

また、日頃ストレスを抱えていたり、人前にたつ、アルコールを多量に飲む、などといった習慣があるとさらに人間の体は過緊張状態に陥ります。
 
つまり、猫背であればあるほど、さらに猫背になりやすく、ライフスタイルの中でも常に猫背になる危険性が伴う、といった「猫背スパイラル」に陥ります。
 
その為、早いうちに猫背を治さないと、どんどん猫背が進行し、治りにくくなります。
 
また、人間の脳は、形状記憶合意金のように、通常いる姿勢を「正しい姿勢」と思い込んでしまいます。そのため、悪い姿勢を正しい姿勢と勘違いして指令を出すため、なかなか良い姿勢はどこなのか?といったことに陥りかねません。

猫背を矯正することは、より早く治すことが重要です。
 

では、このまま猫背の状態を放っておくとどうなるか。
 
これが姿勢分析器で予測することができます。
 
前回の測定結果が、モーションキャプチャーのようなイメージで、骨を点で結んだものでした。

 

こちらを、別の見方をすると、このような骨格イメージ図が出てきます。

 
そして、こちらの画像は3つの骨格イメージがありますが、一番左が「正しい姿勢」、真ん中が「現在の姿勢」、そして一番左が「5年後の予想姿勢」になります。
 

現在の姿勢からさらに姿勢を歪ませたものになりますが、これが先程の「猫背スパイラル」に陥った結果になります。

現在の姿勢だけでも、思ったよりも悪く、驚かれる方が多いですが、5年後の姿勢となるとさらに驚かれる方が多いです。
 
実際に治すことを考えると、この画像の「5年後の予想姿勢」よりも、「現在の姿勢」の方が、確実に早く治すことができます。
 

特に、日常運動を全くしていなかったり、ストレスをためやすいなどの状況にいると、ますます正しい姿勢の位置がわからなくなってしまいます。


こういった理由から、猫背や猫背がもたらす肩こりや首こり、四十肩などにお悩みの方には、早目の改善をオススメしております。
 

次回は、姿勢のチェックの後に行っている、「動きの健康診断」について、ご案内させて頂きます。
 


最後までお読み頂きありがとうございました。
 

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」
千野ひとみ

---------------------------------------------------------------------------------------------

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」トップに戻る

店舗紹介

神楽坂店 more

〒162-0825 
東京都新宿区神楽坂2-12 エンドウビル1F
TEL:03-6228-1946

表参道店 more

〒150-0001 
東京都渋谷区神宮前5-3-16カサデルレイ表参道E棟
TEL:03-6427-9974

横浜店 more

〒221-0834 
神奈川県横浜市神奈川区台町7-11ロンタンハウス1F
TEL:045-298-6380
取材問い合わせ