猫背に関わる症状と改善方法

猫背だと腕が上げづらくなる!?丨猫背改善 ジム 東京 横浜

こんにちは!
猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」です。

前々回の投稿で、猫背と肩甲骨の関係性についてお伝えしました。

猫背の原因は『肩甲骨のズレ!?』

こちらの投稿では、巻き肩や二の腕のたるみなど、
見た目への悪影響についてご紹介しました。

しかし、肩甲骨の位置が崩れることは、
腕が上がりづらい四十肩や五十肩など、痛みの原因にもなります。

上記でお悩みの方は、ぜひ最後までご覧ください!

腕を上げる際のメカニズム

肩関節の構造

上図のとおり「上腕骨+肩甲骨」で出来ているのが、
いわゆる”肩”になります。

上腕骨と肩甲骨は連動して動いており、
腕を上げる際には、上腕骨と肩甲骨は約2:1の割合で動きます。

肩甲上腕リズム
このように、上腕骨と肩甲骨が2:1で動くことを肩甲上腕リズムといいます。

腕を上げる際には、この肩甲上腕リズムが正常に起こらないと、
肩にストレスがかかってしまいます。

つまり、肩の痛みを治すには、”肩甲骨の位置や動きの改善”が重要だといえますね!

猫背と肩甲骨の動き

一方、猫背や巻き肩だと、肩甲骨の動きが悪くなってしまいます。

少し専門的な話になりますが、
腕を上げる際に、肩甲骨には3つの動きが求められます。

・腕を上げる際に必要な肩甲骨の動き
→肩甲骨の上方回旋-外旋後傾

肩を上げる際の肩甲骨の動き

一方、猫背の方の肩甲骨は、以下の様な状態になっている場合が多いです。

・猫背の方の肩甲骨
→肩甲骨の挙上-外転-内旋-前傾

猫背の肩甲骨

青文字赤文字の部分を見て頂くと、真逆の動きになっています。

つまり、猫背姿勢では

肩を上げる際に必要な肩甲骨の動きが起きづらくなり、
肩の突まりや痛みを引き起こしてしまいます。

肩甲骨の動きを改善する筋肉

最後に、
肩甲骨の動き改善のために重要な、2つの筋肉についてご紹介します。

それは、前鋸筋菱形筋という筋肉になります。

前鋸筋と菱形筋

これらの筋肉は、
上図のように、肩甲骨から肋骨や胸椎(背骨)に付着しています。

そのため、肩甲骨を正しいポジションに保つ働きがあります。

また、腕を上げる際の肩甲骨の外旋などの動きに関わるため、
これらの筋肉が働くことで、肩甲骨の動きの改善にもつながり、腕が上げやすくなります。

肩甲骨の動きを改善するクササイズ

それでは、前鋸筋と菱形筋の活性化に効果的なエクササイズを、2つご紹介します。

きゃっとばっくニーアップ

・肩がすくまないように注意しましょう。
・余裕があれば、下のエクササイズに挑戦してみてください!

きゃっとばっくハンドアップ

エクササイズを行った後は、バンザイ動作を行い、腕の上がりやすさを確認してみてください!

東京・横浜で猫背を改善したいと思ったら

猫背のデメリットは、見た目が悪くなるだけでなく、肩こりや腰痛などの原因にもなります。

なかなか改善できない「不調」の原因は何なのか、ぜひトライアルレッスンでチェックしましょう!

どこに問題があるのか、お身体の状態を詳しくチェックし、一人ひとりにあったプランを提案します。

気になる方は、ぜひトライアルレッスンへお申し込みくださいませ。

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

猫背・肩こり・腰痛・スタイル改善などで
お悩みの方、まずはこちらへ↓
トライアル