猫背の原因

猫背の原因は「赤ちゃんの反射!?」丨猫背改善 ジム 東京 横浜

こんにちは。
猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」です!

突然ですが、以下のチェックリストにYes/Noでお答えください

・本を読んでいるのに、内容が頭に入ってこない
・文字が汚い、手の細かなコントロールが苦手
・大きな音が鳴ったりした時にビクッとしてしまう
・腰や背中の筋肉が常に緊張している
・日頃、漠然とした不安を感じる

いかがでしょうか?
一つでも当てはまった方は、原始反射という反射が残っているかもしれません。

原始反射という言葉を、初めて耳にした方も多いかと思いますが、病気等でではないためご安心ください。

原始反射とは「赤ちゃんが持っている反射」のことで、大人になると自然と消失します。

しかし、大人になっても原始反射が残っている方が多く、このことが猫背の原因になってしまうんです!

今回は原始反射についてご説明した後、チェック方法と改善エクササイズをご紹介します!
ぜひ最後までご覧ください♬

原始反射とは?

原始反射についてご説明する前に、
そもそも反射とは何かというと、
無意識で起こる反応のことです。

例えば、うっかり熱いやかんを触れてしまった際に「熱い!」と感じる前に手を離しますよね。
このような、無意識で起こる反応のことを反射といいます。

そして原始反射とは、赤ちゃんが生まれつき持っている反射のことを指します。

経験のある方もいらっしゃると思いますが、赤ちゃんの手のひらを指で触れると、その指を握り返してきます。
これは「掌握把握反射」という原始反射の一つであり、生まれつき赤ちゃんに備わっています。

赤ちゃんに「指を握ろう」という意思があるのではなく、「手のひらを刺激されたら、握る」という風に、動きが「反射」によって引き起こされているんですね。

赤ちゃんは掌握把握反射を通して、指や手先のコントロールを身につけています。
そのため、この反射が残っていると動きが未発達になり「字が汚い」「手先の細かい動きが苦手」などの悪影響が出ると考えられます。

赤ちゃんの発育の流れ

では、原始反射の目的は何かというと、
「生命維持」「発達促進」になります。

赤ちゃんは、自らの意志で動くことができないため、原始反射を通して環境に適応するために動きを習得したり、
様々な動きが起こることで、体中のセンサーから刺激が送られ、脳や神経を発達させています。

つまり、赤ちゃんは原始反射を通して、成長していくということですね!

そして、動きを習得し脳や神経が発達すると、原始反射は自然と消えていきます。

原始反射と猫背の関係性

ストレスを抱えている女性

赤ちゃんの原始反射は発達に伴い、生後数ヶ月〜数年ほどで消失するのが一般的です。

しかし、大人になっても原始反射が残っている方が意外と多いんです!

原始反射が残っている原因として、以下の2パターンが考えられます。

・赤ちゃんのときに、原始反射が統合されていなかった
・強いストレス・頭部への外傷・妊娠や出産などにより再出現してしまった

原始反射の役割は「脳を発達させること」ですので、
原始反射が残っているということは、脳が未発達ということ。

そして、姿勢は脳がコントロールしているため、以下の流れで姿勢が悪くなることが考えられます。

原始反射が残っている

姿勢をコントロールする脳が未発達

猫背になる

少し長くなりましたが、原始反射と猫背の関係性について、ご理解頂けたでしょうか?

ここからは、原始反射のチェック方法と改善エクササイズをご紹介します!

原始反射のチェック&改善エクササイズ

今回ご紹介するのは原始反射の一種で、
特に姿勢と関係の深い「緊張性迷路反射」についてです。

緊張性迷路反射のチェック方法

☆チェック方法☆
①両足をそろえて立ち、目を閉じる
②目を閉じたまま頭を下に向け、体が揺れるか確認する
③目を閉じたまま頭を上に向け、体が揺れるか確認する
※周りに注意して行いましょう!

体が揺れ続ける場合は、緊張性迷路反射が残っている可能性が高いです!

原始反射の改善エクササイズ

最後に、緊張性迷路反射の改善エクササイズをご紹介します。

動画のエクササイズを5〜10回ほど行った後、もう一度チェックしてみてください!

またこちらのエクササイズは、肋骨の位置改善やお腹の引きしめの効果もありますので、ぜひお試しください!

「きゃっとばっく」では、トライアルレッスンの際に原始反射についてチェックし、猫背の原因を分析しています。

ご興味のある方はぜひトライアルレッスンへお越しください!https://catback4h.com/trial/

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」