栄養と食生活

「まごわやさしい」で栄養バランスを整える

こんにちわ

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」の古城です

今日は健康的な食生活を実践する為の、食事の選択基準と神楽坂の健康的なランチのご紹介

食事の回数と選択

1日3食×365日と考えると、1年間で1095回

仮に80年間を掛け算すると、87600回も食事を摂る事になります

この食事の回数分だけ、何を食べるか?を選択し、その選択の結果が身体を創っている訳ですよね

例えば、同じ1食でも、スーパーやコンビニなどで菓子パンなどを買って、簡単に済ませることも出来ますし、栄養バランスを考えて、自分で創る事も出来ます

しかし、毎食、毎食、食事を創るのは大変だと感じる方が多いと思いますので、バランスよく食べることの出来る、行きつけのお店を見付けておくことも重要です

食品添加物の摂り過ぎに要注意

食事を選択する際に、何を基準にするのがおススメなのか?というと、健康の観点からでしたら、まずは食品添加物や過剰な糖質、トランス脂肪酸など、身体に良くないものを摂る機会を減らす事がポイントです

例えば、コンビニやスーパーで100円程度で売られている菓子パンなどは、食品添加物やトランス脂肪酸などが使われていることがほとんどです

菓子パン

ちなみに食品添加物とは何か?というと、厚生労働省のホームページには、以下の様に記載をされています

食品添加物は、保存料、甘味料、着色料、香料など、食品の製造過程または食品の加工・保存の目的で使用されるものです。

厚生労働省は、食品添加物の安全性について食品安全委員会による評価を受け、人の健康を損なうおそれのない場合に限って、成分の規格や、使用の基準を定めたうえで、使用を認めています。

また、使用が認められた食品添加物についても、国民一人当たりの摂取量を調査するなど、安全の確保に努めています。

厚生労働省ホームページより

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuten/index.html

袋の裏側に記載されている「成分表示」を見て頂くと、トランス脂肪酸を含むマーガリンやファストスプレッド、乳化剤やソルビン酸Kなどと記載をされている場合が多いかと思います

もちろん、一概に「食品添加物=身体に悪い」という訳ではありませんが、長期的に摂り続けると、人体にどの様な影響を及ぼすのかは明確には分かっていませんし、食品添加物を複合的に摂ると、発がん性があることが指摘されているものなどもありますので、摂らないにこしたことはありませんし、摂るにしても、知った上で選択が出来るのが良いですよね

その為、可能であればそうした加工食品ばかりを摂るのではなく、自炊はもちろんですが、飲食店で食事を摂る様にしたり、食品添加物不使用の食品などを選択することがおススメです

食事の選択基準

そして、自炊やお店での外食なら何でもよいのか?というと、もちろんそうではなく、炭水化物の摂り過ぎに気を付けるのと、「まごわやさしい」を意識していきましょう

例えば、男性に人気の唐揚げ定食などは、大盛りのご飯に唐揚げ5~6個、お味噌汁、漬物などで構成をされていることが多いですが、これでは女性やデスクワークが中心のビジネスマンには、炭水化物と油の摂り過ぎです

基本形は、ご飯、麺、パンなどの炭水化物+お肉や魚、卵、豆などのたんぱく質が摂れる主菜に、野菜や海藻、きのこなど、食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富な副菜に汁物がなどがセットになっているのがポイントです

いわゆる豆類、ごま類、海藻類、野菜類、魚や肉&卵、キノコ類、穀類などである「まごわやさしい」を意識して頂く事をおススメします

健康的な食事が摂れる行きつけのお店を見付けよう

そして、こうした健康的な食事が摂れる行きつけのお店を見付けておくことも重要なポイントです

例えば、神楽坂では間借りカレーといって、お昼に2時間だけ出店しているカレー屋さんがありますが、こちらのカレーは「まごわやさしい」を意識した副菜を創られています

スパイスカレーなので、そこまで油や糖質を摂り過ぎる心配もなく、半熟卵も付いているので、たんぱく質も摂る事が出来る為、デスクワークが中心の匂いを気にしなくて良い日は重宝しています

こうした行きつけのお店があり、ランチなどのルーティンに組み込めると、栄養バランスや腸内環境が整いやすいですよね

皆様もぜひ、楽しみながら健康ランチやディナーのお店を探してみてくださいませ

ABOUT ME
古城奈々絵
古城奈々絵
Reformer for Motor Learning Speciailst/猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」横浜店マネージャー/トレーナー養成専門学校卒業後、福岡の整骨院に勤務。主に学生アスリートへのけがの治療や競技復帰のためのリハビリトレーニングを行い、 高齢者の方までの体のケアを行う。2014年4月より「世界中にI am OK You are OKな人を増やしたい」という、オーナーの熱い思いに賛同し、imokに株式会社に参画。現在はReformer for Motor Learningのスペシャリストとして活動すると共に、スタジオのマネジメント、講演のアシスタント講師やメディア監修など幅広く活動。