fbpx
猫背と身体の仕組み

デスクワークが姿勢に及ぼす影響と猫背になる身体の仕組み

 

デスクワークが常日頃から多い方にとって、猫背は天敵。切っても切り離すことができない関係になっていることが多いのではないでしょうか。

座ることやデスクワークが多い方は、立ち仕事の方よりも猫背になりやすいかもしれませんね。座っている時間が長ければ長いほど、体の仕組みから猫背になりやすく、また、猫背から抜け出すことが難しくなる可能性があるのです。

そして、猫背の方に肩こりが多いことは間違いありません。逆を言いますと、猫背を改善することができれば、肩こりも改善する可能性があるのです。

今回は、デスクワークが姿勢に及ぼす影響と、猫背になる身体の仕組みについてお伝えしていきます。

座り姿勢が及ぼす姿勢への影響

まずは、座り姿勢が及ぼす姿勢への影響についてお伝えしていきます。私たち人間の姿勢は、例えば、骨盤や肋骨、背骨などの様々な骨から形作られています。

これらの骨に筋肉や靱帯がついておりまして、背中を丸めたり反らしたり、脚を動かしたりなどの動きを加えることで筋肉が働き、くっついている骨も動くような仕組みになっています。

筋肉には適切な「長さ」というものがありまして、それは姿勢や動きによって伸び縮みします。例えば、背中を丸めますと、背中にある筋肉は引き伸ばされます。反対に、前側にありますお腹周りの筋肉は縮まることになるのです。

これが常態化してしまった場合、筋肉にも伸びている側と縮んでいる側の両方が出てきてしまうことになります。

座っている姿勢を考えてみましょう。

座った際には、骨盤と脚の骨で構成されている股関節を常に曲げている状態になります。

上記で言いますと、股関節を前に向かって曲げる筋肉が縮まっており、反対に股関節を後ろへと引く筋肉が引き伸ばされた状態が続いていることになります。

 

ここで立ち姿勢を想像してみてください。

立っているときに股関節が曲がってしまっていますと、まっすぐキレイな姿勢で立つことができなくなります。 

具体的な筋肉で見ていきますと、股関節の前側にあります大腿四頭筋という筋肉や大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)という筋肉が縮こまっている可能性があります。

これらの筋肉が硬くなりますと、基本的には腰が反った状態が続いてしまいます。

腰が反りますと、腰より上側にあります背骨が過剰に丸まり、首が前に行った状態になってしまいやすいのです。

 

腰の反りと猫背の関係性についてはこちら

 

座った状態が続くことそのものが猫背の原因となるのですね。

太もも前側の筋肉が硬い方はどこを使うべき?

 

座り姿勢が長い方は、太もも前側の筋肉が硬いことは上述の通りです。

 

反対に、引き伸ばされている太もも裏側の筋肉を使うことが、デスクワーカー含め猫背を改善するために必要となります。

 

太もも裏側の筋肉は、ハムストリングスと呼ばれる3つの筋肉の総称になりますが、これらの筋肉を使うことで、太もも前側の筋肉は緩んでくれるのです。

 

普段から座り姿勢が多かったり、正座ができないくらい太もも前側が硬い方は、太もも裏側にあるハムストリングスを使いましょう。

 

ハムストリングスを使うことで、股関節が前に向かって曲がっている状態から抜け出すことができ、背骨の過剰な反りや丸みを改善することができます。

 

そして何より、「立つ」ことが重要になります。

 

長時間座っていることによって、股関節も硬くなる可能性があります。

 

できれば、20分に1回程度立つことができると良いですね。

デスクワーカー必見!猫背改善のためのエクササイズ

 

それでは、普段から猫背になっている方にオススメの猫背改善エクササイズです。

 

上述のように、デスクワークが長い方は、太もも前側の筋肉が硬くなっている可能性があり、太もも裏側にありますハムストリングスを使うことが必要になります。

 

今回は、ハムストリングスを使って猫背を改善するためのエクササイズについてお伝えしていきます。

 

●エクササイズ名

ヒップリフト

 

●やり方

①仰向けに寝て、床に足をつけます。

②軽く膝を曲げましょう。

③骨盤を後ろに傾けながら、お尻を少しずつ持ち上げていきます。

④この時に、股関節が折れ曲がっている状態では、腰が反っていることと同様になりますので、腰を丸めて肩から膝までが滑らかなカーブを描くようにしましょう。

⑤みぞおちの方からゆっくりと腰を床におろしていきます。

⑥上記を8~10回ほど繰り返しましょう。

 

●注意点

股関節が曲がった状態ではなく、滑らかなカーブを描くようにお尻を持ち上げていきましょう。

太もも裏側の筋肉を使う感覚があればOKです。

 

まとめ

 

今回は、デスクワーカーの方が猫背になってしまう原因についてお伝えしていきました。

 

太もも裏側の筋肉を使うエクササイズを行うことも大事ですが、それ以上にずっと座り続けないことが最も重要になります。

 

普段から座っている時間が長い方は、できるだけ頻繁に立つようにして、日常生活から行動を変えていきましょう。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

ABOUT ME
小林俊夫
小林俊夫
imok株式会社(アイモック)代表取締役/猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」代表。  トレーナーとして活動をしながら2008年、2009年にアメリカへピラティスの研修を受けに行き、マスタートレーナーの認定を取得。その後、2010年に医療系国家資格を取得。  現在はスタジオの経営、メディアの監修及び出演、全国での研修及び講演、ピラティスリフォーマーの製造及び販売をしながら、姿勢&機能改善、パフォーマンスアップ専門のトレーナーとして、世界中に「I am OK You are OKな人」を増やす為に活動中。