栄養と食生活

油を変えることで細胞から健康的に

こんにちは。
分子栄養学認定カウンセラーの千野ひとみです。

前回は「白い砂糖」ついて書かせて頂きましたが、今回は多くの料理で使われる「油」について一緒に考えていきたいと思います。

豚カツや唐揚げなどを代表とする「揚げ物」はもちろん、お菓子やドレッシングなど、日頃口にする様々なものに使われていますので、身体にも大きな影響を及ぼします

油は細胞膜に関わる

私達の身体は、いくつもの「細胞」が集まって出来ています。その細胞の周りは「細胞膜」という膜に覆われ、1つ1つが隔てられています。

油というと、エネルギーの原料というイメージが強いかと思いますが、それだけではなく、こうした細胞を覆う細胞膜の成分であり、情報の伝達に必要な物質を放出したりと、私たちの身体にとても重要なものです。

その為、日頃の食事などを通して摂取する油の質は、身体へも大きな影響を与えます。

ここ最近は、健康志向の高まりと共に、油の種類にも注目が集まり、TVや雑誌などのメディアでも、アマニ油やココナッツオイル、エゴマ油など、多くの商品が紹介をされたり、販売されています。

オメガ3とお魚

日頃、お客様から質問をされることが多いのは、「どんな油を摂ると良いですか?」といったものです。

シンプルにお伝えをすると、「オメガ3」の油を摂りましょう!であり、オメガ3脂肪酸の代表的なものとして、耳にしたことがある方も多いのが、青魚などに含まれるDHAやEPA、植物ではアマニ油などが代表的です。

DHAやEPAなどは、サバやアジ、イワシなどの青魚はもちろん、マグロやサケなどにも多く含まれていますので、外食の際は、お刺身やお魚定食などを意識的に選択することをオススメします。

じつは脳の60%は脂質でできており、そのうち20%はDHA、最近ではパーキンソン病やアルツハイマー型認知症への効果なども発表されています。

アマニ油とαリノレン酸

植物油では、アマニ油といって、アマ科の植物の種子から抽出された油などが、最近では「成城石井」などをはじめ、お洒落スーパーなどでも簡単に手に入る様になっています。

アマニ油は、不飽和脂肪酸であり、αリノレン酸を含むオメガ3の脂肪酸です。

ただ、アマニ油は熱に弱い為、炒め物などに使用をするのではなく、サラダに使用するなどがおススメです。

サラダに塩、胡椒に、アマニ油とバルサミコ酢などを掛けて召し上がると、クセも少ない為、食べやすいです。

炎症を引き起こすオメガ6系脂肪酸

それに対して、私たちが日頃意識をせずに摂取することが多いのがオメガ6系の脂肪酸です。

オメガ6系の脂肪酸は、価格が安い為、ファストフードをはじめ、チェーン店のお弁当屋さんなど、様々な場所で使われています。代表的なものとしては、大豆油やコーン油などがあり、日常的に炒め物や揚げ物に使う油に含まれています。

そして、気を付けなければいけないのは、このオメガ6系の脂肪酸は、炎症を引き起こすということなんですね!

これらに含まれるリノール酸は、プロスタグランジンと呼ばれる、痒みや痛みを引き起こす物質や、さらには炎症を促進するロイコトリエン等を作り出します。

リノール酸は、必須脂肪酸といって、体内で作る事が出来ない脂肪酸なので、食事などを通して摂取する必要はあるのですが、日頃あまりにも多くのリノール酸を摂取し、炎症体質になっていることが考えられます。

そして、このリノール酸ですが、1980年代には健康に良いとされ、「血液をサラサラにしてくれる」などと言われていましたが、最近になり、上記の様な炎症物質を作り出すことがわかってきたのです。

意識的にオメガ3系脂肪酸を摂取しよう

先述の様に、オメガ6脂肪酸もオメガ3脂肪酸もどちらも必須脂肪酸であり、オメガ6系脂肪酸をとる事が悪い訳ではなく、過剰に摂り過ぎてしまっていることが問題を引き起こすんですね。

現代の食生活では、無意識に生活をしていると、オメガ6脂肪酸が過剰になることは間違いありませんので、意識的にお魚を食べる様にしたり、サラダに市販のドレッシングを掛けていたのを、アマニ油とバルサミコ酢に変えてみるなど、出来る事から始めてみることをオススメします。

すぐに目に見えて分かるほどの変化は感じないかもしれませんが、数年後、数十年後を健康に過ごすためには、油の質にこだわることはとても大切ですからね。

 

ABOUT ME
千野ひとみ
千野ひとみ
幼少期から空手道をはじめ、インターハイ、国体強化選手として長期に渡り活動。 総合フィットネスジムでフロント業務に携わり、悩みを持ちながら、運動への意欲を持つ方々に出会い、トレーナーを志す。 トレーナー活動を始め、運動の目的やご自身の身体の状態等、改めて一人一人に合うトレーニングは異なることを実感。 2018年4月より「世界中にI am OK You are OKな人を増やしたい」という、オーナーの熱い思いに賛同し、猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」に参画。