栄養と食生活

マグネシウム不足が生理痛やPMSを引き起こす⁉

生理前になると突然気分が落ち込んだり、何でもない事にイライラして感情が上手くコントロール出来ず、そんな自分に対して嫌悪感を持ってしまったり。下腹部を締め付ける様な生理痛が酷くて、ベッドから起き上がるのもやっとだったり。この様な経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

女性にとっては、大きな悩みの1つでもあるPMSや生理痛。
じつは、PMSや生理痛とミネラルには大きな関係があり、この症状を軽減することができるかもしれないマグネシウムの作用について見ていきましょう。

PMS(月経前症候群)とは

PMS(月経前症候群)とは、月経前3~10日間続く、精神的あるいは身体的症状で、月経開始とともに軽快ないし消失するものを言います。

具体的な症状としては、下記のようなものがあります。

ココロの症状

・些細な事でもイライラする、人に当たってしまう
・精神的に不安定になる、悲しくないのに泣きたくなる
・憂鬱な気分になる
・ぼーっとする
・集中できない・・・・など

カラダの症状

・下腹部の張りや痛み
・頭痛、腰痛
・肌荒れ、ニキビ
・体重増加
・眠気を感じる、なかなか眠れない
・乳房の張り、痛み・・・・など

このような症状はごく一部であり、不調の感じ方は人それぞれです。

「ベッドから一歩も動けない」「無気力で何もする気が起きない」「子どもにキツくあたってしまう」「浮腫みがひどい」・・・など、とても辛い症状であるにも関わらず、解決策もわからず、時には自分を傷付けてしまうことすらあるかもしれません。

PMSだけでなく、生理痛も含め月経に関する症状を抱えている女性はとても多いです。
月経との関りに気が付いていない方もいるかもしれません。
一方で、症状を軽視しがちな方も多いために、周囲の理解を得られず悩みを相談できずに苦しんでいる方がいるかと思います。
不安な方は、是非一度産婦人科への受診も検討してみてくださいね。

PMSとマグネシウムとの関係

多くの女性が悩んでいるPMSですが、PMSの原因の一つとしてマグネシウム欠乏が考えられるんです。

ある研究結果では、PMS患者105人を対象にした試験で、正常な女性群よりも赤血球マグネシウム値が有意に低いという結果が出ています。
Ann Clin Biochem. 1986 Nov;23 ( Pt 6):667-70.

https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/000456328602300607

 

世界的に有名なアメリカ人医師・Dr. Russell Marzによる食事調査では、PMS女性の栄養状態が以下のように明らかになりました。(「Medical Nutrition from Marz 2nd Edition」より)

  • 精製糖の量が275%も高い
  • 精製炭水化物の量が67%も高い
  • 乳製品の量が79%も高い
  • ナトリウムの量が77%も高い
  • マグネシウムの量が77%も低い
  • 鉄分の量が53%も低い
  • 亜鉛の量が52%も低い

マグネシウムは皮膚から吸収出来る

こうした不足しがちなマグネシウム

食事により摂取する事はもちろん可能ですが、ストレスフルな生活が続き、自律神経が乱れていたり、腸内環境が悪化をしていたりすると、上手く吸収が出来ないことも

しかし、マグネシウムは皮膚からも吸収することができるんです。
入浴剤としてお風呂に硫酸マグネシウムなどを入れることで、肌からマグネシウムを潤す事ができます。こういったものであれば、腸の状態が良くない方であってもマグネシウムを取り入れることが可能ですので、先ずは入浴剤からぜひお試しください

ABOUT ME
小林俊夫
小林俊夫
imok株式会社(アイモック)代表取締役/猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」代表。  トレーナーとして活動をしながら2008年、2009年にアメリカへピラティスの研修を受けに行き、マスタートレーナーの認定を取得。その後、2010年に医療系国家資格を取得。  現在はスタジオの経営、メディアの監修及び出演、全国での研修及び講演、ピラティスリフォーマーの製造及び販売をしながら、姿勢&機能改善、パフォーマンスアップ専門のトレーナーとして、世界中に「I am OK You are OKな人」を増やす為に活動中。