fbpx
お客様喜びの声

猫背改善のメリット 良い印象を持たれる!?

皆さんの周りにも、「姿勢が良い人」「姿勢が悪い人」多く方がいるかと思います。

姿勢が人に与える印象はとても大きく、良くも悪くも誤解を生む結果となってしまう事が多々あります。

例えば、あなたは会社における面接官の一人です。

5人同時に集団面接を行なった際、肩が内巻きになり背中が丸いAさんと、背筋が伸びてピシッとしているBさんを見比べた時、好印象を持つのはどちらでしょうか?

職種にもよりますが、ほとんどの方はBさんを選ぶかと思います。

人の第一印象は7秒で決まると言われており、「初対面」という条件では、姿勢はかなり大事になるかと思います。

人の印象を数値化した法則をメラビアンの法則と呼びます。

詳しくは下記の参考サイトまで。

また、日本では礼儀作法を重んじる文化がありますので、姿勢が悪いというだけで、悪い印象を与えてしまう可能性があるのです。

今後の主流の姿勢

今年のファッションの主流は・・・のような、時代に合わせて姿勢にも主流があるかと思います。

例えば、時代の経過とともに、トイレは和式から洋式に変化していきました。

和式トイレでは、しっかりとしゃがむ事が必要だったので、足首や膝や股関節といった、下半身の関節や筋肉を毎日使っていました。

一方、今ではほとんどが洋式トイレに変わったので、体重をお尻にかけるだけ。

つまり、和式トイレのような、関節や筋肉を使うことはしなくなった結果、踵を浮かさずにしゃがむ事が出来ない方が増えてしまい、関節の柔軟性の低下や、筋肉不足と指摘される方が増えたのです。

また、デスクワークが仕事の主流となり、仕事における運動量は年々低下傾向にあるかと思います。

パソコンやスマホの画面を見る時間が増え、背中は丸まり首や頭は前に出て、肩こりと奮闘しながら何時間も仕事をする。

その結果、現代人の姿勢の主流は「猫背」に変化してきたと言っても過言ではありません。

ただ、この主流がずっと続くわけでもないように思っています。

テクノロジーの進化によって、仕事のやり方はパソコンやスマホから、もっと別のものに変わる可能性があるからです。

現代社会で姿勢が良いと・・

肌感覚で申し訳ないのですが、ぱっと街中を見渡せば、7割ぐらいの方が何かしら姿勢に問題があり、猫背もしくは猫背予備軍に判別されます。

この時点で、猫背を改善すれば30%の存在になれるため、70%の方達と比較しても、印象においては差別化する事が出来ます。

また、猫背を改善した人たちが増えていき、数値が逆転したとしても良い姿勢が大多数になり、姿勢が悪い方がより目立つ結果になるため、姿勢が悪い事はどちらに傾いてもマイナスになるのです。

また、最初にお伝えしたように印象が良くなる事で、就職活動に有利に働いたり、仕事を任されたり、褒められたりと、ささやかながら良い事が起こる可能性はあります。

人は、視覚によって情報収拾を行いますので、マイナス評価を受けないためにも、ぜひ姿勢の改善に動き出してみて下さい!

きっと、自分への自信にもなり、周りの方からの評価も変わる事でしょう!

まとめ

現代の姿勢の主流は、パソコンやスマホの影響により猫背姿勢であると考えられる。

人の第一印象は7秒で決まると言われているため、猫背姿勢はマイナスになる可能性がある。

また、人は視覚情報に頼っているため、初対面の方と話した内容や声よりも、目に映った姿勢の方が印象に残りやすい。

良い姿勢は、周りにプラスの印象を与えやすいので、面接をパスしたり、仕事などでチャンスが巡っている可能性がある。

最後までお読み頂きありがとうございました。

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」

ABOUT ME
池田倫大
池田倫大
柔道整復師/imok Education Director/スポーツクラブでインストラクターとして活動しながら、医療系の国家資格である柔道整復師の専門学校へ入学。卒業後、柔道整復師として整骨院に勤務。様々な痛みを抱える方に対し、手技療法や物理療法と運動を組み合わせた治療を行う。身体の歪みや痛みの無い身体づくりの為には、治療と並行して、継続した正しい運動習慣が重要だと感じ、治療家とトレーナーの両立を目指す。2015年4月より「世界中にI am OK You are OK な人を増やしたい」という想いに賛同し、『猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」』に参画する。現在は、自らがコンディショニング指導を行いながら、後進の育成にも注力する。