栄養と食生活

卵とコレステロールの誤解

 こんにちは。
分子栄養学認定カウンセラーの千野ひとみです。

姿勢を改善したり、健康の維持増進の為には、運動はもちろん栄養や休養も大切です。しかし、栄養や食事に関しては、誤った情報が多く、それを鵜呑みにしてしまい、行動されている方が多いのも特徴です。

例えば、健康診断の結果で、「コレステロールが高いから、食事に気を付けてください!」と言われたことのある方、少なくないと思いますし、「卵はコレステロールが高いから、1日1個まで」なんて習ったことがある方も多いのではないでしょうか?

逆に、「自分はコレステロールは低いから健康だ」なんて思っている方、いませんか?この【コレステロール】は、私たちの身体には無くてはならない、とても重要なものなんです。

もちろん、コレステロールの数値が高過ぎることは、動脈硬化を進め心筋梗塞などの恐れがありますので、気を付けなければなりませんが、実はこの数値が低すぎることも大問題なんです。

コレステロールとは

そもそも、「コレステロールって何ですか?」と聞かれたら、どの様に答えるでしょうか?

コレステロール:脂質の一種であり、細胞を包んでいる膜やホルモン、胆汁酸などの材料

コレステロールは、細胞膜の材料であり、細胞膜の強度を保ってくれる重要な役割を果たしています。

またコレステロールには、LDLコレステロールとHDLコレステロールがあり、一般的に前者を悪玉コレステロール、後者を善玉コレステロールなんて読んだりしますが、どちらが良い悪いではなく、以下の様な役割を持っています。

コレステロールの種類

LDLコレステロール:肝臓から全身の細胞へコレステロールを運ぶ

HDLコレステロール:全身の余ったコレステロールを肝臓へと回収する

その為、一概にどちらが良い、悪いではなく役割が異なるんですね!

卵とコレステロール

「卵を食べるとコレステロールが上がる」と言われますが、体内のコレステロール全体からみると、食事から得られるコレステロールはわずかであり、体内での再吸収や、肝臓での体内合成が多くを占めています。

さらに、この実験を行ったのは、草食動物であるウサギであり、普段から卵を食べることのないウサギに卵を与えたらコレステロールが上がったという研究結果を、今でも多くの人が信じているということになります。

その為、人間が卵を1日2~3個食べたとしても、そこまでコレステロールの値には影響をしませんし、卵の量を減らしたとしても、その分、揚げ物であったり、お菓子ばかりを食べていたら、健康的ではありません。

卵は1個に6g程度のタンパク質が含まれているだけではなく、アミノ酸スコア100といって、体内で作る事が出来ない必須アミノ酸が理想の割合で含まれています。

その為、過剰に食べるのは、アレルギーなどにも繋がる可能性があり、おススメはしませんが、1日1個などにこだわらず、上手く食事に追加することをオススメします。

コレステロール値が高い状態とは

 冒頭でコレステロールは、細胞膜の原料などになることを書かせて頂きました。

私達は、健康診断でコレステロールの値が高いと言われると、コレステロール値を下げる為に、コレステロールが低い食事などを意識して摂る様にされる方が多いと思います。

しかし、なぜコレステロール値が高くなっているのか?ということを考えていくと、例えば、細胞の膜が脆くなっていて、修復する為にコレステロール値が高くなっていたり。

日頃からお菓子や甘いドリンクなど、過剰な糖質を摂っていることで、腸内環境が悪化し、腸などで起こっている炎症を抑えるためにコレステロールを必要としています。

この様な状態の結果として、健康診断で、コレステロール値が高く出ているのであれば、根本的な原因は、細胞膜の弱化や身体の炎症になりますので、ただ闇雲に「卵を控える」とか「お肉を避ける」といった対処をしても、解決にはなりませんよね。

コレステロールが不足すると体調不良に繋がる⁉

コレステロールは、高いことを気にされる方が多く、低い事を気にされる方は少ない傾向にありますよね。

しかし、コレステロールが不足していると、細胞が脆くなることで赤血球が壊れ、貧血症状が出たり、ホルモンが十分に作られずにイライラしたり、消化液が減少し食物の消化ができず胃もたれを起こすなど、様々な体調不良が発生します。

その為、コレステロールが低すぎることも、健康面から考えると要注意ですので、タンパク質をはじめ、栄養不足になっていなか?を見直してみてくださいね。

ぜひこの機会に、ご自分のコレステロールの数値を見直してみると共に、日々の生活習慣や食習慣を見直し、健康的な毎日を過ごしていきましょう。

 

ABOUT ME
千野ひとみ
千野ひとみ
幼少期から空手道をはじめ、インターハイ、国体強化選手として長期に渡り活動。 総合フィットネスジムでフロント業務に携わり、悩みを持ちながら、運動への意欲を持つ方々に出会い、トレーナーを志す。 トレーナー活動を始め、運動の目的やご自身の身体の状態等、改めて一人一人に合うトレーニングは異なることを実感。 2018年4月より「世界中にI am OK You are OKな人を増やしたい」という、オーナーの熱い思いに賛同し、猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」に参画。