猫背に関わる症状と改善方法

【反り腰猫背】チェック方法とおすすめストレッチ丨猫背改善 ジム 東京 横浜 

タイトル画像

こんにちは!
猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」です。

皆さんは、猫背といえばどのような姿勢をイメージされますか?
おそらく多くの方が、背中全体が丸くなった姿勢を想像されるのではないでしょうか?

しかし、実際はその反対で反り腰の方が非常に多いです。

そこで今回は、現代人に多い反り腰猫背についてご紹介いたします!

反り腰猫背の特徴

本来、背骨はS字カーブの形をしています。

腰と首の部分は反っていて、胸の後ろの部分は丸くなっているのが正常です。

しかし、反り腰猫背の背骨は、本来は丸いはずの胸の後ろの部分まで反っています!

その影響で背骨のカーブが失われ、首の付け根だけが過剰に丸くなっているため猫背に見えてしまいます。

さらに、ストレートネックと言われるように、首の骨は真っ直ぐになっている場合が多いです。

下記の写真が典型的な反り腰猫背の姿勢になります。
写真をご覧頂くと、丸まっているのは首のつけ根の部分だけですよね!

また、反り腰猫背だと、腰痛になりやすい・太ももが張る・お腹が出て見えるなど、スタイルと健康の両方でデメリットが大きいです。

姿勢の特徴や上記の症状に当てはまり
「私、反り腰猫背かも!?」と思った方に向けて、簡易的なチェック方法を2つご紹介します!

反り腰猫背のチェック①:壁立ち

反り腰猫背のチェック1つ目は「壁立ち」です。

壁にかかとをつけて楽に立ち、どの部分が壁に当たっているのかを確認します。

このとき、①後頭部、②背中、③お尻が壁に付いており、腰と壁の隙間が手のひら1枚ほど空いているのが理想です。
※腰の筋肉ではなく、腰の骨と壁の距離を測ってください。

体型により個人差はありますが、腰と壁のすき間が1枚以上空いている場合は、反り腰猫背の可能性が高いです!

壁立ち

反り腰猫背のチェック②:前屈

反り腰猫背のチェック2つ目は「前屈」です。

足を閉じ、床に触れるように前屈を行います。
この状態で横から見た際に、背中全体が丸くなっているか確認します。

背中全体の丸みが失われていたり、腰の部分だけ平らになっている場合は、反り腰猫背の可能性が高いです!

前屈

チェックの結果はいかがでしたか?

最後に、反り腰猫背の方におすすめのエクササイズを2つご紹介します!

反り腰猫背の改善エクササイズ

4スタンスストレッチ

まずは、緊張している背中の筋肉のストレッチです。
反り腰に加え、肩の内巻き改善にも効果的です!

きゃっとばっく

背中の筋肉をリセットしたら、腹筋のトレーニングです。
腰を丸めるのが苦手な方は、体を後ろに移動させて行ってみてください!

今回お伝えしたチェック方法は、あくまで簡易的なものになります。

「きゃっとばっく」ではトライアルレッスンの際に、姿勢撮影や20種類以上の動きのチェックを行い、総合的に姿勢の判断を行っています。

ご興味のある方は、ぜひトライアルレッスンにお越し下さい!

トライアル

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」