猫背の改善方法

シングルレッグヒップリフト

猫背を改善するエクササイズ「シングルレッグヒップリフト」

今回の猫背を治すエクササイズは、「シングルレッグヒップリフト」です。

以前ご紹介した、ヒップリフトの片足バージョンとなります。

片足でのエクササイズになるため、両足で行うよりも負荷がかかります。
そのため、より体のコントロールは必要になります。

ですが、両足よりも強度が高い分、ヒップアップの効果も上がります。

猫背を改善し、ヒップアップやもも裏の力をつけたい方は、ぜひチャレンジしてみてください。

それでは、エクササイズ確認していきましょう。

【やり方】

・仰向けに寝ます
・脚を椅子やバランスボールなどにのせ、90-90の状態にします。
・片方の足を椅子から持ち上げ、もう片方の足を椅子やボックスに踵を押し付け、ハムストリングスを使って骨盤を後傾します。
・骨盤の後傾をキープしながら、みぞおちのあたりまで背骨を一つ一つ床から持ち上げます。
・剥がしたシールを元に戻す様に、1つ1つ背骨を地面に付けていきます。

※椅子などを用意できないときは、床に足をついた状態でも大丈夫です。


【目的&効果】

・骨盤の位置を整え、猫背を改善する
・背骨の柔軟性の獲得
・もも裏、お尻の筋力強化

・足をあげた方の骨盤が下がる
片足でのヒップリフトには、股関節や骨盤に体を回旋させる負荷がかかります。
(足をあげた方に回旋する力)そのため、足をあげた方のお尻が床に下がりやすくなりますが、その力に耐えながらお尻をあげることで、体が捻れる負荷に耐える力がつきます。

このエクササイズは、片方の股関節は曲がり、片方の股関節を伸びる動きになるため、歩行の動作パターンの学習にもつながります。

また、両足でのヒップリフトよりもお尻にかかる負荷は高いため、ヒップアップをしたい方は、両足よりも片足でのヒップリフトがより効果的です。

ABOUT ME
古城奈々絵
古城奈々絵
Reformer for Motor Learning Speciailst/猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」横浜店マネージャー/トレーナー養成専門学校卒業後、福岡の整骨院に勤務。主に学生アスリートへのけがの治療や競技復帰のためのリハビリトレーニングを行い、 高齢者の方までの体のケアを行う。2014年4月より「世界中にI am OK You are OKな人を増やしたい」という、オーナーの熱い思いに賛同し、imokに株式会社に参画。現在はReformer for Motor Learningのスペシャリストとして活動すると共に、スタジオのマネジメント、講演のアシスタント講師やメディア監修など幅広く活動。